top of page

IR(カジノリゾート)誘致エリアは地価上昇の可能性高し。


近年、賛否両論で何かと話題のIR(カジノリゾート)計画。

カジノはギャンブルの極みで、中毒者もその業界の商売人も危険な臭いがし、誘致には反対の声も大きく上がります。しかしこの計画は、不動産投資家において無視できるものではありません。



IRは批判を集めながらも実現していくだろう。

あくまで推論にすぎませんが、IRは多数の批判の声を浴びながらも実現していくでしょう。

IR誘致を表明する都市の中には反対の声に屈して頓挫するところもあるでしょうが、全体として見ればカジノリゾートというものが日本に幾つか発展すると思われます。

経済的効果の大きなものは、その魅力に負けて実現していくのがこれまでの日本の流れです。



IR誘致エリアはガラの悪い街になる懸念も高い。

世界中のギャンブラーにお金を落としてもらおう、という意図の渦巻くIR誘致エリアは、柄の悪い街になる懸念が高いです。カジノの施設それ自体は、高級ホテルのスタッフを経験した人などが礼儀正しい接客をするでしょうが、その仮面の下には様々な欲がうごめきます。

大金を持ち、大金を落とすであろうカジノ客をあてにして、カジノ施設の周辺には金(ゴールド)の店や高級宝石店、質屋などが乱立するでしょう。

一足先にIRとして発展したマカオに観光旅行など行ったことのある人は、察しがつくはずです。


すると、自分もそこに住みながら不動産投資を行おうと考える場合、「住みづらい」というデメリットを被る可能性が高いことを危惧しておかなければなりません。気にならない人もいるでしょうが、耐えられない人もいるでしょう。



住みながらの投資なら、隣接する都市が妥当か。

そこに自分も住みながら不動産投資を行う算段なら、IRを誘致する都市の「隣の街」あたりが妥当でしょうか。

千葉や埼玉は東京ほどは住みにくくない、というのと同じイメージです。



現在IR誘致を表明・検討しているエリアは?

現段階いでIR誘致を表明または検討しているエリアは次のとおりです。


  • 大阪府・大阪市

  • 長崎県・佐世保市

  • 東京・お台場

  • 愛知県・常滑市

  • 愛知県・名古屋市


他にも、宮城県も検討や調査を行った経緯があります。


IR誘致を検討したが、撤退を表明したエリア。

  • 和歌山市

  • 神奈川県・横浜市

  • 北海道・苫小牧市/留寿都村

  • 千葉県・幕張


日本最初のIR候補地は、「最大で3か所」と国によって定められています。

大阪以外は、地方が経済発展のために推進する可能性が高いです。

撤退を表明したエリアは、再度IR誘致に参戦する可能性もあります。



いかがでしたか?

これらの都市の動向を観察し、カジノ誘致が決定したら即座に不動産の確保に動きましょう。特に商業ビルなどは採算性が高そうです。

Kommentare


bottom of page