top of page

50代、60代でも不動産投資は可能か?ローンの制限は?


不動産投資に興味を持つのは、年齢が高くなってからである傾向です。

しかし、50代、60代になって不動産投資に興味を抱いても、「私に出来るのだろうか?」という不安が浮かびます。50代や60代で、不動産ローンの審査は通るのでしょうか?



年齢制限はない。ローンを組めるかどうかがポイント。

まず、不動産投資や不動産の購入において、年齢制限というものはありません。

60歳定年を過ぎたから無条件で拒否、ということはないです。

ポイントは「ローンを組めるかどうか」です。



ローン審査が下りるかどうかは、物件の値段と支払い完了年齢の兼ね合い。

ローン審査が下りるかどうかは、「購入したい物件の値段」と「完済年齢」の兼ね合いです。


80歳程度までローンは可能

一般的に、80歳程度まではローン支払いが出来るだろうという見込みを持ってもらえます。

今あなたが60歳なのであれば、まだあと20年あります。


安い物件なら60歳でも審査は通りやすいが・・・

60歳の人が1,500万円のワンルームマンションを買うなら、15年程度のローンで無理なく完済できるため、融資を受けられる可能性は高いです。


高い物件なら駆け足でローン完済を求められる!

60歳の人が5,000万円のファミリーマンションをローンで買おうとすると、短い年数での完済を求められます。

普通、5,000万円の物件ならゆっくり30年かけて完済するものですが、20年の駆け足です。すると1カ月あたりに支払うローン額は高くなります。

「毎月その額の支払いが出来そうか?」をチェックされます。

たとえば60歳でも、国会議員なら70歳を過ぎても働けそうですし、高めのローン支払いも出来そうなので、審査に通るでしょう。



50代でも同じこと。

50代の人も、まったく同じことが言えます。

ローンを組むことは出来ますが、80歳までの残り年数で支払えるかどうか、それをチェックされますし、毎月の支払い額が大きくなっていきます。

資産、属性、業種などを見て、「この人なら80歳まで毎月10万円を払えるだろう」と見込まれれば、58歳で3,000万円の投資物件をローン購入することは可能でしょう。



一括購入(ローン不使用)なら60代でも70代でも問題なし。

すると、ローンを使わずに一括購入するだけの資金があるならば、60代だろうが70代だろうが、定年退職後だろうが年金生活者やフリーランサー、自営業者だろうが、不動産を購入して投資運用することは可能です。

退職金や遺産相続で家を買うことの出来る人もいるでしょう。



いかがでしたか?

不動産投資やローン契約は、年齢で無慈悲に制限されるものではありません。

購入するだけの資金があるかどうか、80歳までにローン完済を出来そうかどうか、それをチェックされます。

老後資金のために60代が不動産投資を行う、ということはまったく可能です。

コメント


bottom of page