top of page

駐車場・コインパーキング経営投資のメリットとリスク。初心者でも失敗しないって本当?-5


コインパーキング投資。一括借り上げとセルフ管理、どちらが良い?

マンションやアパートに安定収入のサブリースがあるように、駐車場投資も経営を大手業者に完全に任せる一括借り上げ方式があります。自分で運営するのと一括借り上げ方式、どちらが良いのでしょうか?


一括借り上げ方式のメリット/デメリット。

「一括借り上げ方式」では、あなたは土地を貸し、駐車場業者に経営してもらう形になります。その土地代を、台数分に応じて払ってもらうのです。

初期費用がかからず、集客、集金やメンテナンス、トラブル対応をすべて任せられるので、圧倒的に楽です。

収益については、稼働率に関わらず毎月一定の収益が計算できますが、どれだけ繁盛しても丸儲けすることはできません。


セルフ管理のメリット/デメリット。

セルフ管理の場合、稼働率の高い駐車場においては収益が極めて高いことが魅力です。月収50万円も可能かもしれません。

しかし、設営の監督からトラブル対応、精算機への集金、清掃など、すべて自分でこなす必要があります。深夜に駆け付けたり、クレームの罵声と対峙したりする必要があるので、社会経験の豊富な人向きです。


管理のみ委託する形態もある!

一括借り上げ方式とセルフ管理の中間のような形態もあります。一般的に、「管理委託」と呼びます。

この場合経営の権利は投資家(あなた)にあり、駐車場が繁盛するならば収益もそれに比例して高くなります。

駐車場の清掃や機械のメンテナンス、トラブル対応などは管理会社に委託するので、手間はほとんどありません。管理委託料を払う必要がありますが、駐車場収入の5~10%ほど。かなりリーズナブルです。なお、機械の故障など発生した場合はあなたが負担する必要があります。

ある程度稼働率に自信のある土地では、この形態が最もおすすめです。



駐車場投資に向いているのはどんな土地?

意外なほどに条件が良いことから、土地を持っていなくても積極的に駐車場投資に精を出す投資家は少なくありません。戦略が上手くいけば、少ないリスクで多くの収益を上げられるでしょう。

戦略的投資をするには、適した土地をどんどん開拓していく必要がありますが、ではどんな立地が駐車場投資に向いているのでしょうか?


流行りのラーメン屋、Pの小さいスーパーのそば。

ラーメン屋は充分な駐車スペースを持たない店も多いですが、車で寄る人は少なくありません。1時間以内で食べて戻ってくるため、1時間かけずに1時間分の収益を得られ、どんどん回転できます。

スーパーマーケットも、駐車場の小さなところでは私営のコインパーキングに停めて買い物する人が多くなります。また、充分な駐車場を持っていてもそれが立体駐車場や入り組んだ高層駐車場の場合、面倒を嫌って近くのコインパーキングに停める人も多いです。

カフェや雑貨屋さんなどでも同じことが言え、人気店のそばは駐車場経営に向いています。


宅配車の路駐が難しい細道の住宅街。

狭いスペースに家が密集する閑静な住宅街でも、コインパーキングで儲かることがあります。路上駐車の取り締まりが厳しくなったことから、宅配業者が車をコインパーキングに停めて仕事するケースが増えているのです。

月極め駐車場で、月間契約をしてくれる場合もあります。


立体駐車場を持つマンションの多いエリア。

土地の狭い日本において、立体駐車場のマンションが増えています。立体駐車場は車の出し入れに結構時間がかかり面倒なため、外の私営の月極め駐車場を借りる人も少なくありません。

立体駐車場のマンションが2~3密集しているエリアでは、月極め駐車場の成功率は高そうです。



Comentários


bottom of page