top of page

長崎県は地価上昇の可能性が高い。


地方の一軒家やマンション、商業ビルを中古で購入して運用することは、利幅の大きな不動産投資として有名です。将来の見通しが明るいエリアを模索している投資家は多いことでしょう。



長崎県はこれから、地価上昇の可能性が高い優良エリア。

九州の長崎県はこれから、地価上昇の可能性が高いです。

要因は、IR誘致(カジノリゾート構想の誘致)に名乗りを上げているからです。

日本政府は日本のIR構想において、最初のIRは3か所に絞ると発表しています。そのうちの一角に長崎県は食い込んできそうな気配です。

IR誘致に名乗りを上げているのが、現在は長崎県と大阪府しかないため、長崎県が取り下げでもしないかぎりほぼ確定でしょう。


他にも和歌山や千葉、横浜などIR誘致に名乗りを上げた地域はありますが、いずれも撤退を表明しています。



特に佐世保ハウステンボス周辺のエリア。

IR誘致の計画が為されているのは長崎県佐世保市のハウステンボスです。

地価上昇の見込みが高いのは特にこの周辺のエリアと言えます。

長崎県の狙いは、雇用創生、人口増加、財源補強などにあるため、ハウステンボスの中にカジノを作るだけでなく、周辺エリアを広く観光地・商業地として盛り上げていくつもりです。

ひいては周辺エリアの商業ビルをはじめ、マンションやアパート、一軒家など住宅不動産においても価格は上昇していくでしょう。

カジノリゾートで働くためにこの地に転居する人々も大勢いるはずです。


特に商業ビルがもたらす利益は莫大なものとなるでしょう。観光施設の中でもカジノは、その来訪者が莫大なお金を落とします。

商業ビルだけでなく、商業利用されそうなエリアの土地も地価上昇は確実です。すさまじいほどのインフレも見込めます。



いかがでしたか?

カジノの是非は置いておいて、長崎県の不動産価値の上昇は群を抜いてインパクトの強いものになりそうです。


Comments


bottom of page