top of page

西東京は絶対に地価が上がる。不動産価値が上がる。【不動産投資】


西東京は絶対に地価が上がる。不動産価値が上がる。【不動産投資】

不動産投資で収益を増やしていくためには、これから地価が上がっていくエリア、価値が上がっていく物件を見極めることがとても重要です。

西東京は、これから絶対に地価が上がります。不動産価値も、つまり価格も上がります。




東京への人口流入は続く。西東京は絶対にもっと栄える。

2000年初頭、不動産投資は少々難しい時代でした。「人口が田舎に回帰していくのでは」という流れがあったからです。もう東京の賃貸需要や地価は下がるかも、頭打ちかも、とささやかれました。

しかし田舎回帰はほんの一握りの人だけで、全体を見れば東京への人口流入は続いています。


こうした流れを見たとき、「西東京」と呼ばれるエリアはまだまだ栄えることが確定的です。

都心からのアクセスが良く、土地がまだ少々余っているエリアです。



都心マンションよりも西東京マンションが狙い目。

ワンルーム投資では、都心の人気エリアの物件を勧められることが多いです。都心の人気エリアは人口ニーズが保たれていく可能性が高いからです。

しかし西東京は、ニーズが「保たれる」どころか「増えていく」ことが予測できます。すると都心よりも西東京のマンションで投資をしたほうが、利益を上げやすいです。


人気・ニーズが「増えていく」エリアの場合、賃貸価格が「あまり下がらない」どころか「上がっていく」可能性すらあります!

今月額7万円で貸しに出しているマンションが、20年後に7.5万円の家賃に上がっている可能性があるのです。



アパート1棟経営も同じ。

アパートの1棟経営にも同じことが言えます。

西東京エリアでは、ニーズがあまり減らないどころか、これからまだまだ増えていきます。

空室に困る懸念が少ないばかりか、家賃が上がっていく可能性すら見込めます。築20年経ったときに、「そろそろリフォームかな」とふさぎ込むのではなく「家賃を上げても入居がありそうだな!」と思えるのは、とても幸せなことです。



商業ビル、ビジネス物件も良い。

商業ビルや事務所用物件なども良いです。

人口が増えれば商業ビルのニーズも上がり、税理士など事務所仕事のニーズも増えます。

これらを西東京エリアに持っておいて運用していくことは、未来が明るいです。



新宿に近い必要もない。西東京に経済圏が出来上がる。

極端に言えば、新宿に近い必要もなく、新宿からのアクセスが良い必要もありません。

山の手圏内が飽和すると、じきに西東京にも巨大な経済圏が出来上がるからです。八王子あたりでしょうか、それはわかりませんが、多くのサラリーマンや買い物客が向かう経済圏が、西東京にも1つ2つ出来上がるでしょう。

新宿からのアクセスが悪くても、八王子あたりに出やすいエリアならとても良好です。



いかがでしたか?

西東京エリアは、エリアがとても広いです。

ここに目を付けると、将来有望な物件がまだまだ無数にあることに気づきます。

תגובות


bottom of page