top of page

自宅で民泊収入!外国人旅行者が喜ぶ日本の体験【秋編】 -1


春夏秋冬がはっきりしていてそれぞれに魅力のある日本には、季節を変えて何度も訪れる外国人旅行者も多いです。中でも、一番人気が高いのは、秋の季節なのだとか!夏のほうがハデなイベントが多いですし、春のほうが花咲き誇り華やかですが、外国人旅行者が日本に期待するのは、秋のような「わびさび」なのかもしれませんね。また、暑くも寒くもなく花粉も飛ばない秋は、最も観光がしやすい季節であるようです。


ホームステイでもてなしているホストさんたちは、人一倍、外国人ゲストの満足度アップやトラブル回避に思案していることと思いますが、はてさて、日本の秋にはどのような魅力があるのでしょうか?外国人ゲストを秋にもてなすうえで注意すべき点には、どのようなものがあるのでしょうか?


この企画は春・夏・秋・冬それぞれに紙面を割いており、当ページは秋の特集となります。



1 外国人ゲストが日本の秋に期待しているのは、何といっても紅葉の美しさ!


外国人が秋に日本に旅行するとき、最も期待しているのは、紅葉の美しさなのだとか。黄色い雨や赤いじゅうたんをしっぽりと歩くのが、ひそかなあこがれであるようです。


1-1.なにしろ日本ほど紅葉の美しい国はない!日本人も知らない日本の紅葉のスゴさ!


私たち日本人にとっても、秋が深まるごとに紅葉が楽しみになってきますし、毎年のように懲りずに、カメラを持って紅葉スポットに繰り出しますね。かといって、わざわざ外国から見に来るほどなの…?どこの国でも秋には葉が色づくんじゃ!?と、思いますか?


そんなことはないのです。実は、日本ほど紅葉の美しい国はありません!


1-2.なぜ日本の紅葉は美しい?4つもあるその特色。


日本の紅葉がなぜ美しいのか、その特徴を箇条書きにしてみましょう。あなたはご存知でしたか?


(1)紅葉は北半球でしか見られない。

(2)落葉樹が多いのは東アジアの沿岸部やヨーロッパの一部、北アメリカ東部のみ。

(3)欧米の紅葉はほとんど黄色だけ。

(4)日本の伝統家屋と紅葉の相性がとても良い。


まずそもそも、紅葉は北半球でしか見られません。オーストラリアや南米、アフリカの人たちは、そもそも紅葉すら知らないのですね。そして次に、紅葉が見られるのは落葉樹だけ。その落葉樹が多く存在しているのは、東アジアの沿岸部やヨーロッパの一部、北アメリカの東部に限られるのです。さらに、欧米の紅葉が黄色を中心としたものであるのに対し、日本の紅葉は黄色の他に紅があり、さらに紅葉しないままの緑の葉というのもあり、この3色のコントラストが他に類を見ない美しさを奏でます!


また、古い集落や寺社仏閣に見られる伝統的な日本建築の様相が、紅葉の切なげな美しさによく合い、情緒的で、人々の心に響くようです。


私たち日本人は、紅葉観賞においてとても恵まれていたのですね!


1-3.人気の紅葉スポットはどこ?ランキングをご紹介。


時間の限られている外国人ゲストに紅葉スポットを紹介するなら、やはり感動間違いナシなところを教えてあげたいものです。今回は、日本人にも外国人にも多く利用されている旅行クチコミサイト、トリップアドバイザーの発表している「日本の紅葉名所ランキング2016」からご紹介します。あなたも、外国人ゲストに紅葉の名所を尋ねられたらすぐに答えられるように、チェックしておいてくださいね!


第1位 禅林寺 永観堂 (京都府)

第2位 奥入瀬渓流 (青森県)

第3位 東福寺 (京都府)

第4位 清水寺 (京都府)

第5位 立山黒部アルペンルート (富山県)

第6位 宮島(厳島) (広島県)

第7位 千畳敷カール (長野県)

第8位 仁和寺 (京都府)

第9位 なばなの里 (三重県)

第10位 金閣寺 (京都府)


やはり、京都のお寺が数多くランクインしています。日本の伝統仏閣も一緒に見たいと感じる人が多いのでしょうし、伝統仏閣と紅葉との相性が良いのでしょう。


1-4.紅葉観賞の注意点:秋の京都は大混雑することを忠告してあげて!


秋の京都に紅葉を堪能しにいきたいのは、なにも外国人旅行者だけではありません。私たち日本人もまた、最も京都に集まるのは秋の季節!さらには、中学高校の修学旅行生が日本中から集まってくる時期でもあるため、秋の京都はものすごい混雑になります!


外国人は、旅行サイトやガイドブックのしっとりとした宣材写真を見て京都に憧れるかもしれませんが、実際にはものすごい人混みでごったがえしているわけで、この実情を知っておいたほうが良いでしょう。さらには、人混みを我慢する覚悟も、あらかじめ持っておいてもらったほうが良いですね。


また、紅葉の季節は京都周辺の宿泊施設が満室になってしまうことも。寝床の確保についても、忠告をしておいてあげましょう。


1-5.ちょっとした紅葉の名所ならどこにでもあると教えてあげよう。


紅葉のことを知らない外国人は、紅葉を見るためには限られた名所に行かなければならないと思っているかもしれません。しかし実際のところ、日本にはちょっとした紅葉の名所がゴマンとありますよね。あなたの近所にも2つや3つくらいは、見事な紅葉を見せる公園などがあることでしょう。


あなたの外国人ゲストが、紅葉に対して静かでのどかな風景をイメージしているなら、逆に有名な観光地ではなく、あなたの近所の穴場スポットを教えてあげたほうが満足度は高いかも?


1-6.日本らしさを堪能するなら、ちょっとしたお弁当でも添えて。


外国人が日本で体験したがっている日本らしさの1つに、「お弁当」というものがあります。外国にもランチボックスという言葉があり、サンドイッチとフルーツを詰めて外に持ち出したりはしますが、日本ほど丹精込めてお弁当を作る国は、他にありません。


ホームステイを受け入れているご家庭の中には、外国人ゲストと一緒におでかけを楽しんでいる人も少なくないことでしょう。外国人ゲストと紅葉ハイキングにでかけるなら、ぜひ、簡単なお弁当を作ってあげてください!お弁当の定番であるおにぎりや梅干しも、ぜひ添えて♪


観光地の小洒落た洋食屋さんに入るよりも、こうした日本らしく家庭らしい体験のほうが、外国人ゲストには好まれますよ!




Comments


bottom of page