top of page

老後・定年退職後の孤独を在宅収入を得ながら解消!民泊経営がお得!-1


2015年頃から、新たな不動産投資ビジネスとして人気を高めるAirbnb(エアビーアンドビー)民泊。しかし、ここにきて、ビジネスとは異なる目的でホームステイを営みはじめる人が増えてきています。それが、定年退職後のシニア。


宿泊収入で生活費をまかなえる魅力はもちろんですが、それだけでなく、「交流」を目的としてホームステイ受け入れをするシニアたち。彼らの生活は、どのように変わったのでしょうか?



1 老後の孤独感、寂しさを解消する新たなライフスタイル。「ホームステイ受け入れ」のススメ!


核家族化の進行に合わせて、老後・定年退職後の生活に不安を感じる人は増えてきています。お金の心配ももちろんですが、それ以上に心配なのは「孤独」かもしれません。お金は生活保護という救済策がありますが、孤独にはそうしたものはなく・・・。


1-1.ホームステイの受け入れをすれば、しゃべる相手には困らない。


整骨院などの病院には、シニアの患者さんの姿をとても多く見かけます。よくよく話を聞いてみると、「体にあまり異常はないけれど、寂しいから来るのだ」と言う人も少なくないようで・・・。定年退職を経たり子供が自立していくと、途端に会話の量が減ってしまい、この「孤独による苦痛」が重大事になっている人は少なくありません。


そのような人は、自宅でホームステイ受け入れをしてみてはいかがでしょうか?おしゃべりする相手に困ることはなくなり、孤独を感じることもなくなってしまうでしょう。


1-2.ホームステイ受け入れでコミュニケ―ション能力を磨こう。


「配偶者や家族とはいくらでも話せるけれど、それ以外の人とは上手く話せなくて・・・」そんな人も少なくないかもしれません。その場合もまた、ホームステイ受け入れという取り組みは有意義です。


家族でも友人でもないゲストとの会話に困っても、しかし宿泊料金を頂戴しているため邪険にはできませんから、受け入れを繰り返しているうちにコミュニケーション能力が磨かれていきます。最初は少し苦痛に感じるかもしれませんが、「老後の貴重な生活費を稼ぐため!」と考えれば、その苦労も乗り越えやすいでしょう。


1-3.コミュニケーション上手になったなら、たとえホームステイが打ち切られても孤独にならない。


そうしてコミュニケ―ションが上手になったなら、ホームステイのゲストとの交流はとても楽しいものとなるはずです。ホームステイ泊の愛好者には個性的で優しい人が多いので、どんどん話しかけて彼らの人生譚を聞かせてもらいましょう。


また、万が一何かの事情でホームステイ受け入れが禁止されてしまったとしても、磨いたコミュニケーション力は無駄になりません。公民館の交流会や町内会のイベントに参加することが以前より苦ではなくなり、必然的に孤独の解消にもつながります。


1-4.「パートナーが居れば孤独じゃない」というのは幻想にすぎない。


結婚とは本来、愛の証として結ぶ契りですが、実情としては、「老後に孤独になりたくないから」といった理由で結婚を交わす人もいます。


しかし、結婚をすれば老後の孤独が解消されるのかと問えば、そうでもありません!あまり仲のよくない夫婦は、定年退職後・老後に二人きりの時間が激増すると、むしろ息苦しくてたまらなくなってしまうのです。


そして、老後のパートナーとの二人きりの時間に心地よさを感じている日本人シニアは、なんと10%にも満たないのだとか・・・。


1-5.ホームステイ受け入れは、独身貴族にとっても強い味方。


逆に、老後の孤独に懸念はあろうとも、何が何でも独身を貫きたいと考える人もいることでしょう。そのような人たちにとっても、ホームステイ受け入れは有意義です。


独身貴族の人々は、「特定の異性に束縛されたくはないが人との交流は好き」という人が多いですが、ホームステイの環境は、まさにこの欲求を満たしてくれます。


1-6.「適度な距離感」がホームステイ受け入れの魅力。


人間関係というのはなかなかに難しいもの。孤独がイヤで親族や友人に声を掛けてはみるものの、いざ会ってみるとしがらみが生じてしまい、くたびれてしまうことも多いですね。


そういった点でもホームステイは有効です。ホームステイのゲストとは、親族や友人とは異なり複雑な関係に陥ることはまずありません。そのため、面倒くさいしがらみを帯びずに、交流の喜びだけを享受することができます。


1-7.ホームステイで退屈な毎日が、活気に満ちる!


ホームステイ受け入れの面白いところは、「全く違う境遇の人と知り合える」ということでしょう。ゲストは基本的に外国人が多く、彼らは様々な異文化の振る舞いや面白い話をあなたに提供してくれます。ただ友人や親族と会話するよりも、ずっと新鮮で面白いのです。


脳は、新しいことを知ると活性化しますが、ホームステイゲストとの交流により、若かりし日のような高揚感が頻繁に味わえるでしょう。日々の掃除やおめかしにも、今まで以上に気合が入ります。


若い人との交流が増えるというのも、魅力的ですね。


1-8.ホームステイ受け入れは、少ない年金を補う貴重な副収入源になる。


ホームステイ受け入れで得られるメリットは、孤独の解消だけではありません。


自宅の一室で寝泊りをさせてあげるだけでも、1泊あたり2,500円くらいの収入を得ることができるのです。Airbnb(エアビーアンドビー)を例に出せば、日本市場の民泊物件は平均して月15~20日くらい埋まっているので、1カ月5万円くらいの収入が見込めます。


さらに、農家民泊であれば1泊3万円くらいの大きな収入も、難しくはありません。


定年退職後・老後のシニア世代にとって、この宿泊収入は非常に心強い味方となるでしょう。


Comentários


bottom of page