top of page

老人ホーム選びは「あなたの予算」ではなく「親の予算」で考えよう。


老人ホーム選びは「あなたの予算」ではなく「親の予算」で考えよう。

親の老化を感じ始めると、「老人ホームのことも考えなくてはな」と頭をよぎります。

しかし、高額な費用がかかる印象のある老人ホーム、つい見て見ないふりを続けてしまう人も多いようです。

あなたがた夫婦の生活費から算出しようと考えると非常に苦しいかもしれませんが、その必要はないのかもしれません。



老人ホーム選びは「あなたの予算」ではなく「親の予算」で考えよう。

老人ホーム費用や介護費用、老後費用というものは、一般的に「親御さん本人」の貯蓄や収入(年金、投資、定年後労働など)でまかなうものです。

「私たちが金銭面も面倒みなければ!」と気負いすぎてしまっていませんか?


現代日本において、ほとんどの家庭は、老人ホーム費用や介護費用は親御さん本人の資産でまかなっています。それで足りない分を子供夫婦が手助けする、という感じです。



今の高齢者は年金受給額が多い。それで老人ホーム費用は大体まかなえる。

親御さんがすでに労働を辞めてしまっていても大丈夫です。

今の高齢者は、年金受給額が充実しているはずです。平均受給額は20万円程度という調査結果が出ており、あなたのお親御さんもこれくらい貰っているのではないでしょうか?



老人ホームの費用は安価なところなら月額15万円ほど。

そして、気になる老人ホームの費用は、安価な施設なら月額15万円ほどです。ここには入居費用だけでなく介護サービス費用、食費なども含まれます。

少々の買い物などしてもう少し支出があるでしょうが、それでも20万円以下で済む親御さんは多いはずです。

実情として、予期せぬ出費が色々とあるにせよ。老人ホーム生活の費用の大半は年金で事足りる、ということがわかります。安心したのではないでしょうか?



豪華な老人ホームなど求めるなら、親御さんの貯蓄から出させればよいです。

親御さんの中には、豪華な老人ホームを求める人もいるでしょう。

月額30万円、入所一時金(頭金)2,000万、といった高額な老人ホームもあるのですが、それを求めるなら親御さんの貯蓄から出させればよいです。

「親の貯蓄額は知らない」ではなくて、これから老いや認知症などによって金銭的な手続き、負担を肩代わりすることの出てくる実の子なのですから、親御さんの資産状況は共有しましょう。


親御さんが充分な資産を持っているなら、入所一時金に数千万を要するような施設を選ぶのも、悪くはないでしょう。



いかがでしたか?

お金の話は、家族でもしづらいことがあります。しかし、だからといって遠慮して、親のために現役世代の夫婦が死に物狂いで働いたり耐えたりすることは、筋が通りません。

老後をどう過ごすかは個人の自由ですが、その責任は自分でとってもらうように、意思を統一していきましょう。

Comments


bottom of page