top of page

空き家相続。築古でもリフォームすれば子供たちに託すことも出来る。


空き家相続。築古でもリフォームすれば子供たちに託すことも出来る。

市場価値が付かない我が家を、自分が死亡するときにどう処理すべきか。悩んでいるご家庭は多くなっています。

空き家は相続させると、お子さんが「負の遺産」として何かと不便・不利益を被らなかければならなくなってしまいます・・・。

この問題をメリットフルに解決する方法はないのでしょうか?



相続前にリフォームするとよい。ボロ空き家ではなく価値が生じる!

そのままでは買い手・借り手が付きそうにないボロ家や立地であるなら・・・相続の日が来る前に、リフォームを行うとよいです。

トイレを新しくする、といった部分リフォームではなく、家を全面的に刷新するフルリフォームです。


そうすることで、家に価値が生じます!

「負の遺産」ではなくなり、借金を垂れ流すことはなくなり、お子さんたちにたくさんのメリットを相続させることが出来ます!



よほどの僻地でないかぎり、2,000万円程度で売却できる。

各地の空き家問題。今、日本の地方では、田舎の土地は買い手が付かないですし、古民家は買い手が付きません。だからどうにも出来なくなり放置されるのですが、地方であっても新築同様に立派なら、市場価値が出ます!

土地は、家屋が古くて価値がないなら土地にも買い手が付かなくなりますが、家屋に価値があるなら土地も本来の市場価値が出て、つまり数百万、数千万円の土地代に換わります。


新築同様の中古物件なら、田舎でも2,000万円の価値は付くでしょう。最低でも2,000万円、立地や建物によっては3,000万円を超えることもあります。

片や固定資産税を垂れ流すだけ、片や2,000万円の利益。この差は大きいです!



買い手が付かない家でも、お子さんたちのマイホームになる。

立地によっては、家が新しかろうと買い手を見つけるのが困難・・・ということもあるでしょう。

その場合は、お子さんたちのマイホームにすればよいです。

その土地の立ち回りに慣れているでしょうから、田舎であっても使いこなせるはずです。

マイホームを自分で買えば3,000万円かそれ以上はしますから、親から新築同様の綺麗な家を譲り受けるのは子として助かるものです。



知ってた?500万円程度でフルリフォームが出来る。

ご存じでしたでしょうか?家は一から建てると2,000万円くらいかかりますが、すでにある家を改築するなら、フルリフォームでも500万円程度で済みます。

トイレや風呂やキッチンを最新設備のピカピカに刷新し、フローリングをピカピカにし、外壁も洒落た外装パネルに交換できて、500万円です。家の基礎構造を活用できれば、リフォームは意外と安いのです。



いかがでしたか?

日本家屋の基構構造は意外と強いもので、リフォームやメンテナンスをすれば90年から100年は持ちます。築30年の家をリフォームしたとしても、まだまだ50年以上も子孫たちの命を守ることが出来ます。

bottom of page