top of page

空き家相続。リフォームするだけで新築同様の価値に変わる!


空き家相続。リフォームするだけで新築同様の価値に変わる!

親の古い空き家を相続することになり、売ることも出来ず解体もためらわれ、どうしてよいかわからない家庭は増えています。

放置されている家が多いようですが、やはり罪悪感がありますよね。

損をせずにこの問題を解決する方法はあります!



リフォームするだけで新築同様の価値に変わる!

解決方法は極めてシンプルです。

リフォームすると良いです。

リフォーム費用というのはあまり知られていないものですが、一戸建てを丸ごとリフォームしても、500万円程度で済みます。「意外と安い!」と思ったのではないでしょうか?



使い道は2つ。どちらでもOK!

500万円でリフォームした、相続した空き家。使い道は大きく分けて2つです。


1つは、あなたの家族で住むこと。

普通、マイホームを手に入れるには3,000~5,000万円くらいの出費は必要になります。35年ものローンに追われ続けます。

それが500万円の出費で済むとなると、ものすごくお得です!

働く場所を変えてでも、検討する価値はあります。


もう1つは、売却してお金に換えることです。

ボロボロの空き家なら100万円にしかなりませんが、丸ごとリフォームを行ったなら2,000万円くらいの値は付きます!これがリフォームの持つマジックです。

地価の高いエリアなら3,000万円、4,000万円もあり得ます。


売却ではなく賃貸にして、継続的に利益を得ていく運用法も良いですね。



リフォームのコスパがすさまじく良いということ。

家を一軒建てるには、安くても1,500万円、実際は2,000万円くらいの費用がかかります。さらにリアルに言えば、今ある空き家の解体費用もかかり、さらにプラス300万円です。

しかし、新築そっくりにリフォームするのは500万円程度で済みます。家の建築において、基礎構造を活用できることはとても効率が良いのです。



リフォームしても、基礎構造はあと60年は持つ。

「リフォームしたって壁の中の柱は腐ってしまうんじゃないか?」と不安になるでしょうか。

しかし、そんなことはないのです。柱や基礎構造の部分は意外と頑丈で、90年~100年は持つと言われています。すると、仮に築30年の空き家をリフォームしたとしても、まだその家は60年くらいは持ちます。また30年後にリフォームしてもよいですし、リフォームの必要なく60年住み続けられることもありそうです。



いかがでしたか?

空き家のリフォーム。安いと言っても数百万はかかります。しかし、500万円程度なら出せる家庭が多いのではないでしょうか?ただ解体するためだけに300万円を出すのは気が引けますが、500万円出して2,000万円で売却できるのであれば、抵抗感は薄いでしょう。

これが資産活用というものです。

bottom of page