top of page

特養は介護費用が保険適用だが、月額総額は有料老人ホームと変わらない。


特養は介護費用が保険適用だが、月額総額は有料老人ホームと変わらない。

親御さんの老人ホームを選ぶ際、頑なに特養(特別養護老人ホーム)にこだわる人がいます。

それは、特養は費用が安く、「特に介護サービス費について介護保険が適用されて安くなるから」という理由であることが多いようです。

でも、冷静になってください!総額は有料老人ホームとあまり変わらないかも?



特養は介護費用が保険適用だが・・・

特養(特別養護老人ホーム)はたしかに、介護サービスの費用については介護保険が適用されます。そして「30万円が3万円になる」などと説明されるでしょう。

介護付き有料老人ホームなどは介護保険が適用されませんがから、ここで費用に大きな差が生じる・・・ように思えます。しかし、そうでもないのです。


民間経営である有料老人ホームは、企業努力が特養よりも秀でています。

すると、居住費、食費介護サービス費、設備利用料など足した月額総額については、特養と大差ない金額になっている施設が多いです。


  • 特養の月額料金(個室):13万円程度

  • 介護付き有料老人ホームの料金:15万円程度


という感じで、月額費はあまり差がありません。



内容は有料老人ホームにかなり分があるので、両者を検討すべき!

サービス、設備に関しては介護付き有料老人ホームのほうがかなり手厚い傾向で、すると老人ホームのほうがかなりお得感があります。

ですから、老人ホーム選びの際は、「特養だけ!」と固執せず、介護付き有料老人ホームも積極的に視野に入れて比較をすべきです。



在宅型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームも、金額差は小さい。

ちなみに、もう1つ面白い価格差現象が起きています。

有料老人ホームには、「在宅型有料老人ホーム」と「介護付き有料老人ホーム」があります。

在宅型有料老人ホームは、介護サービスは付帯せず、生活支援・生活補助・レクリエーションに留まった施設です。

しかし、月額費用としては、介護サービスが付帯する「介護付き有料老人ホーム」と「在宅型有料老人ホーム」と、どちらも同じくらいの料金相場になっています。どちらも月額15万円くらいからあります。


「介護が付くほうは高いのだろう!」と思い込んでしまいがちですが、そうでもないのですね。

介護付きの有料老人ホームでも、月額15万円程度から見つかるのです。



どのみち年金の範囲内で収まりそう。

特養にせよ、在宅型有料老人ホームにせよ、介護付き有料老人ホームにせよ、あまり豪華さを求めないならば月額15万円程度のものが見つかります。つまり、親御さんの毎月の年金受給額でまかなえてしまう介護施設は多いのです。

これを理解すると、安心しますね!



いかがでしたか?

在宅型有料老人ホームと介護付き有料老人ホームは、とても高額なものもあります。

最初に見たのがそうしたものだと「介護付き有料老人ホームはとても高額だ!」と思い込んでしまいがちですが、安価なものもお住まいの地域にあるはずなので、よく探してみましょう。

Comentários


bottom of page