top of page

沖縄で美しいビーチを最高に楽しむ秘訣は?【映え旅行】


沖縄で美しいビーチを最高に楽しむ秘訣は?【映え旅行】

せっかく美しい海を求めて沖縄まで行ったのに、いまいち美しい海を堪能できなかった・・・。そんな旅レポートをしている友人を、SNSで見かけませんか?美しい色を持つビーチも、天候や条件が悪いと色あせてしまうのです。

美しいビーチを最大限の楽しむコツ、ぜひ旅行前に知っておいて!


  • コツ1:台風シーズンは避けるべし!

  • コツ2:東側の海なら午後に、西側の海なら午前中に見に行くべし!

  • コツ3:水着は絶対に用意していくべし!

  • コツ4:ラッシュガードも絶対に用意していくべし!

  • コツ5:パックツアーには気を付けて!



コツ1:台風シーズンは避けるべし!

海の色は、雨が降ることでねずみ色ににごってしまいます・・・。雨が降った当日だけでなく、翌日もまだその影響で海がにごりがち。雨だけでなく、風が強くても海はにごりますね。

すると、台風シーズンなどに沖縄旅行に行ってしまうと、3日間の旅程があってもすべて海の色がくすんでいる・・・なんてことになってしまう恐れが。1週間、10日間とゆったりした旅程なら良いのですが、3日間程度や週末旅行、弾丸旅行なら、台風シーズンは避けましょう。



コツ2:東側の海なら午後に、西側の海なら午前中に見に行くべし!

海の色は、光の差し込む角度によって見え方、つまり色合いが変ります。美しいターコイズに見えやすい時間帯と、そうでない時間帯があるのですね。

基本的に、逆光に近い角度では海の色はくすんでしまいます。背中側に太陽があるほうが、キレイに見えるのです。

すると、島の東側にあるビーチに行く際は、西日になる午後のほうがキレイな海色になります。もっと具体的に言えば、正午12時から16時くらいがベストですね。

島の西側にあるビーチに行く際は、午前のほうがキレイな海色になります。9時から12時くらいがベストですね。

南側、北側に面するビーチの場合、朝9時から16時くらいまで、わりといつでもキレイな海色を見せてくれますよ。

この情報を教えてくれる人は少ないので、ぜひ覚えておいて!



コツ3:水着は絶対に用意していくべし!

沖縄でとても美しい海を見ると、思わず「この色に包まれたい!」と思ってしまうでしょう。ターコイズ色の海というのはそういうものです。でもそんなときに水着を持っていなかったら・・・ひざ下をちゃぷちゃぷさせるくらいしかできませんよね。それではさみしくなってしまいます。

女性には、海で水着姿になるのが恥ずかしいと感じている人もいますよね。でも、沖縄に行くならぜひ水着は持っていって!そして、このときばかりは周りの目など気にせず水着姿になり、子供のように思いっきり、波とたわむれましょう♪美しいターコイズ色の波に全身で浸かっていると、それはそれは天国にでも来てしまったかのような恍惚・・・!!


また、時代は「映え」です。InstagramやTik Tokにかぎらず、SNSでカッコイイ写真を披露するのが楽しいですよね。美ビーチに行ったなら、やはり青い海・青い空をバックに水着姿でハシャいでいるのが絵になるのです。たくしあげたジーパン姿でピースしていても、ダサすぎる・・・。

水着姿が恥ずかしい人は、サングラスをかけると良いです。フシギなもので、サングラスをかけるとキャラチェンジしやすくなりますよ。「ちょっと大胆に、タレントみたいなポーズでもとってみるか」というキブンになるものなのです♪



コツ4:ラッシュガードも絶対に用意していくべし!

水着と併せて、ラッシュガードも絶対に持っていきましょう。

ラッシュガードとは、濡れても大丈夫な薄手のパーカーのことですよね。

美しい海を目の前にすると、きっと夢中で遊びたくなってしまいます。友達や彼氏が一緒ならなおのこと。しかし、沖縄の海は日差しが強いです!そう、日焼けしてしまうんですよね。日焼けを嫌う美肌さんが、近年はとても多いハズ。

海で思い切り遊んでも日焼けしないで済むために、ラッシュガードを羽織ってしっかりガードしましょう。



コツ5:パックツアーには気を付けて!

旅行に不慣れな人や交渉の苦手な人など、パックツアーで沖縄旅行をしようと考えるかもしれませんね。パックツアーはカンタンですし、快適なホテルを手配してもらえる魅力はあるのですが、美しい海にこだわりたいなら気を付けて!

というのも、パックツアーが手配する沖縄のホテルは、色のキレイな海に面しているものは少ないのです。


パンフレットには美しい海の写真が載っているかもしれませんが、それは大げさに色彩加工された写真であることが多いです。または、すみの方に「※写真はイメージ画像です」などと書かれていたりはしませんか?そのホテルの前に、本当にその鮮やかなターコイズ色が広がっているとは限らないのです。


ビーチ名が書いてあるなら、それをネットで検索してみましょう。ネット上の画像も色彩加工されたものが多いのですが、パンフレットの1枚だけの画像よりは真実がわかります。


基本的に、空港の近い那覇市や北谷エリアのホテルは、キレイな海には面していません。読谷村あたりの高級ホテルであれば、キレイな海が目の前に広がっている可能性が高いですね。


キレイな海にこだわって沖縄旅行をしたい場合は、パックツアーにすべてを任せたりはせず、自分でリサーチして美しいビーチを選び出し、それをベースに旅程を組む、という流れのほうが好ましいです。必ずしもビーチの目の前に泊まるホテルがなくても大丈夫ですよ。

レンタカーに乗れるなら、泊まるホテルと目的のビーチが大きく離れていてもあまり問題ありません。レンタカーに乗れないとしても、沖縄本島であればたいていのビーチはバスで行けますね。



いかがでしたか?

キレイなターコイズ色のビーチで映え動画・映え写真が撮りたい!と目論んでいるなら、絶対にビーチを事前にリサーチして行きましょう!

有名であってもあまりキレイでないビーチがたくさんあるのです。

ちょっと車で走ったりちょっとフェリーに乗ったり、意識的な移動が必要になりそうですよ。


Comentários


bottom of page