top of page

民泊(ホームステイ)経営に必要なモノ!【生活必需品編】-1


民泊物件の準備をすることは、新居で新婚生活をはじめるときや一人暮らしをはじめるときのようなワクワク感がありますね!お気に入りな柄の寝具をそろえて、オシャレなソファーとテーブルをそろえて、高出力の電子レンジもバッチリ!…あれ?まだ何か、忘れているモノがあるような!?


自分の家であれば、気づいたときに買い足せば良いですが、お金を頂戴して人に貸し出す民泊施設です。彼らの生活必需品はぬかりなく、準備しておきたいですね。


この≪民泊(ホームステイ)受け入れに必要なモノ!≫シリーズは、「家具編」、「寝具編」、「調理器具編」とお送りしてきましたが、その3ページには該当しなかったものを、そして一度紹介したけれど念を押しておきたい大事なモノ・忘れやすいモノを加え、総集編のような趣でお送りします。



1 フリーwi-fiとポケットwi-fiは民泊独自の必需品!あれこれ調べてでも導入しましょう!


民泊施設の必需品など、たいていは家庭の生活必需品と共通です。自分の家を作ることを思い浮かべれば、何が必要かはだいたい察しがつきますが、民泊初心者にはなかなか気づかないものがあります。それは、フリーwi-fiとポケットwi-fi!これはいまや、ベッドの次くらいに必需品となっていますよ!


1-1.日本はフリーwi-fiがあまり充実していない国。外国人観光客は困っている…。


今の時代、スマートホンやノートパソコン、タブレットなどを海外旅行に持参することは、もはや常識です。そしてそれらは、wi-fi(無線LANともいう。インターネットを利用するのに必要不可欠な電波、またはその機械。)がなければ便利さも半減してしまうんですよね。海外ではすでに、そうした旅行者のニーズを捉えて、空港やホテルはもちろんのこと、ほとんどの都心駅やカフェでも、フリーwi-fiは設置されています。日本は、2014年の暮れにようやく、都内地下鉄でフリーwi-fiが設置されるようになった程度で、まだまだwi-fi発展途上国です。そう、タイやフィリピンなどの発展途上国のほうが、日本よりもフリーwi-fi網が充実しているくらいです!


1-2.フリーwi-fiを提供できない古めかしい民宿などは、取り残されてしまっている…。


そのような背景があり、民泊を営むなら施設の中にフリーwi-fiを設置するのはもはや常識となりました。「ベッドは無くても良いけどフリーwi-fiは無いと困る!」という宿泊客が、大げさでもなく、存在するのです。調べものをする際にも、ヒマ潰しをする際にも、インターネットは大活躍のフル活用で、wi-fiはもはや、旅行者にとっては「生活必需品」なのですね。そのため、ITに疎く、設置のできない古めかしい民宿などは、外国人観光客の獲得に苦戦しています。


せっかく民泊を開始しても、利用者に見向きされないようでは悲しいですよね。特に年配の方々などは、wi-fiってナニ?ポケットwi-fiってナニ?と戸惑っているかもしれません。たしかに、パソコンやインターネットに疎い人々が理解するのは難しいものなのですが、ちょっと頑張って導入をしましょう!ここでは少しじっくりと、wi-fiの説明を行います。


1-3.まずは家庭用のwi-fiを知ろう!月額3,000~4,000円くらいで導入できる。


流し読みでは理解が難しいと思われますから、本文もじっくり読んでみてくださいね。なるべく簡潔に、わかりすい説明を試みます。


「YAHOO!BB」ですとか、「フレッツ光」といった名前に、聞き覚えはありませんか?そうした、いわゆる「プロバイダー」と呼ばれるインターネット回線会社と契約をすれば、家でwi-fiが使えるようになります。


一般的に、家庭用のwi-fiは、月額3,000~4,000円くらいの値段(※2016年6月現在の相場。)で利用できます。電話回線と同じく、回線使用に対して月額を払うものですが、今は従量課金ではなく、定額制が主流です。電話と同じように端末(「モデム」や「ルーター」と呼ばれる。)も必要になりますが、これはたいてい、wi-fiを契約することでオマケとして付いてくるか、月額500円程度の追加料金でプロバイダー会社が貸し出してくれます。


一般的にwi-fiは、パソコンの周辺機器の1つですが、パソコンが無い家でもwi-fiを契約し、導入することは可能ですよ。


1-4.高級品は必要ない!通信速度は50Mbps(メガビーピーエス)もあれば充分。


プロバイダー会社に相談しに行くと、最高級のものを勧めてくるかもしれませんが、そこまで気張る必要はないでしょう。家庭で一般的に使うぶんには、回線速度は50Mbpsもあれば充分で、それなら月額料金は3,000~4,000円で済むはずです。固定電話の通信を兼ねるプランだとしても、5,000円程度で済むでしょう。6,000円も7,000円もするプランをゴリ押ししてくるなら、その会社はやめておいたほうが良さそうですね。


なお、あなたの民泊施設で10人を超えるような大人数を収容する(インターネットを使う人口が家族を含めて10人を超える)なら、50Mbpsでは心もとないので、もう少し高いものを契約しても良いでしょう。

Commentaires


bottom of page