top of page

民泊経営投資を検討?賃貸マンションでのAirbnb、6つのポイント-4


3 賃貸マンションでの民泊経営は要注意!慎重に検討しよう。


さて、これまでは賃貸マンションでAirbnb(エアビーアンドビー)民泊を上手く経営するにはどうすれば良いか、それを徹底解説してきました。しかしかといって、賃貸マンションでの民泊経営は、決してお勧めできません。賃貸マンションでの民泊経営はあまりにもリスクが多く、そのわりにメリット(収入)は芳しくないため、よほどの事情でもない限り、民泊ビジネスは回避したほうが良いでしょう。


3-1.起業しても、すぐに差し止められてしまうかも…。


マンションでも分譲であるか、賃貸でも一軒家であるならば、まだ民泊を営んでいくハードルもそう高くはないのですが、マンションかつ賃貸となると、あなたの民泊経営にクレームを投げかけてくる人があまりにも多すぎるのです。


大家さん、マンションの管理組合、マンション住民、近隣住民、行政…これらのクレームをすべて回避しながら民泊を営み続けるのは、きわめて至難の業と言えます。管理組合や住民が今は民泊を許可しているとしても、世間で何か民泊トラブルの報道でもあれば、急速に風向きが変わることもあるでしょう。100万円以上の資金を注ぎ込んで開業しても、1ヵ月で廃業しなければならなくなるかもしれません。現在の日本においてAirbnb(エアビーアンドビー)民泊は、それくらいしがらみの多いビジネスです。


3-2.投機型民泊は、法律でも禁止されてしまうかも?


ホームステイ型民泊を考えている人ならば、近所づきあいや交渉によってまだどうにかやっていけるかもしれませんが、業務を代行業者に丸投げする投機型民泊を考えているなら、いよいよ慎重になってください。


最近日本政府は、民泊に対して、「1年間のうち180日以内」といった日数制限付きにしようかという案を発表しています。これは海外の多くの都市でも採用されている法令で、日本も踏襲する可能性は高いと言えます。


投機型民泊の場合、家賃をはじめ、代行業者への委託費用や光熱費通信費などランニングコストが高いため、年間180日しか営めないとなると、赤字に陥る可能性が極めて高いです!


3-3.ハイリスク・ハイリターンではなく、ハイリスク・ローリターンであるという事実…。


Airbnb(エアビーアンドビー)民泊がとても儲かると思っているなら、いよいよ起業は考えなおしましょう。エアビーアンドビー民泊は、大して儲かりません。


ホームステイ型民泊であれば、ほとんどランニングコストがかからず月額30,000~50,000円くらいのお小遣いを稼ぐことはできます。しかし投機型民泊の場合、平均程度の集客では赤字です。代行業者に委託し、代行業者にコンサルテーションしてもらってもなお、高額の民泊セミナーに参加してもなお赤字に陥るホストばかりなのですから、まったく易しいビジネスとは言えないでしょう。たくさんのクレームと戦わなくてはならないのに、その上利益も少ないのです。民泊代行業者は「儲かりますよ!」とあなたを煽るかもしれませんが、騙されないように気をつけてください。

Comentários


bottom of page