top of page

民泊経営投資で大家さんが稼げるAirbnb副収入の実例-2


3 ホームステイ型民泊の現実的な収入は?


では続いて、ホームステイ型民泊の収支をシミュレーションしてみましょう。ホームステイ型民泊の場合、あまり大きな利益にはならずとも赤字に陥る心配もほぼ皆無で、「お小遣い程度の額を安全に稼ぐ」といった目的なら、優良なビジネスと言えます。ビジネスの苦手なあなたでも、できるかも?(むしろ、ビジネスチックでない人のほうが向いています。)


3-1.相場は1泊2,000~2,500円。宿泊収入は月額30,000~50,000円。


ホームステイ型民泊も相場は下がってきていて、1人1泊2,000~2,500円程度でないと繁盛するのは難しいです。3,000円では高すぎて予約が入りません。さらにオフシーズンは、1,700~1,800円程度まで値下げすることも検討しましょう。


この価格で平均程度の稼働率がマークできれば、月の宿泊収益は30,000円を超えるくらいにはなり、さらにカップル客などが時折混じるでしょうから、40,000~50,000円に届くこともあるでしょう。また、2,000円程度ならば長期滞在者が入ることもけっこうあり、すると100パーセント近い稼働率になるため、50,000円を超えることもあります。


3-2.支出がほとんど無いのがホームステイ型の強み!掛かっても数千円程度。


ホームステイ型民泊の場合、宿泊収益はせいぜい50,000円程度が関の山なのですが、しかし支出がほとんど掛からないので、赤字に陥ることが無いのが最大の強みです!投機型民泊の場合、常に赤字の恐怖におびえ続けなければなりませんが、ホームステイ型民泊ならそうしたストレスとは無縁ですね。


月々の支出内容は、ポケットWi-Fiの通信費が4,000円程度掛かるくらいなものでしょう。光熱費も普段の暮らしよりかさばみますが、それもせいぜい数千円増える程度のレベルで、合計しても10,000円に満たないランニングコストで収まりそうです。


3-3.先行費用も掛からないホームステイ型民泊は、みんなにオススメ!


ホームステイ型民泊は、毎月のランニングコストが掛からないだけではありません。先行費用もほとんど掛からないのです!嫁いだ娘さんの使っていた部屋などがあるなら、民泊に必要なものはそこにほとんど網羅されているので、清潔なバスタオルを3組ほど新調すれば、それだけで事足ります。ポケットWi-Fiなども完備したほうが良いですが、それはあなたのご家族が民泊もてなしに向いているかどうか、お住まいの地域に民泊需要が豊富どうか、見極めてからでも遅くはないでしょう。


月額50,000円程度とは言っても、バスタオル代くらいの投資で毎月50,000円得られる副業というのもなかなかありませんよね。実はホームステイ型民泊は、非常に対費用効果の高い事業なのです。


さらにホームステイ型民泊では、民泊ゲストとの交流で得られる数々のプライスレスなメリットまであるので、他者との交流を苦にしない人たちには本当にオススメできます!(プレイスレスなメリットについては、他のページで熱く詳しく解説しています!どうぞそちらもご覧くださいね。)



4 「稼ぐ」を目的とするなら、こんなアイデアもある!


上述したように、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊というのは、実情はそう大きく稼げる事業とは言えません。10,000円払って高級民泊セミナーに参加し、経験豊富な代行業者に委託していても、ほとんどのオーナーは50~60パーセントの稼働率しか出せず、それでは赤字なのですから、よっぽどビジネス感覚のある人にしか大きな利益は出せない事業なのです。そしてそもそも民泊とは、収入額など気にせずにマイペースに楽しみながら営むことに向いています。


とはいえ、「稼ぐ」ということを主目的に民泊を営みたい人も少なくないことでしょう。どうしてもエアビーアンドビー民泊で稼ぎたいという場合には、巷のノウハウとは違ったアプローチを考える必要がありそうです。


当トピックでは、稼ぐためのアイデアを幾つか具体的に紹介していきましょう。


4-1.シェアルーム物件が、実は最も稼ぎやすい。


上述した内容ではありますが、実はあまり注目されていないシェアルームタイプの物件が、最も稼ぎやすいと言えます。その代り、副業というよりも、本腰を入れて諸々の雑務を背負い込む覚悟は必須ですね。民泊代行業者に委託せず、予約管理も清掃や接客も自分で行うなら、月収(実益)30万円も不可能ではありません。


(1)なるべく安く物件を見繕ってくる。

(2)民泊代行業者に頼らず経費を節約する。

(3)1泊1,500円程度に抑えて集客力を上げる。

(4)需要の豊富な人気エリアを選ぶ。


こうした条件を網羅して毎月20~30万円の収入を確保し生計を立てているのが、実は地方のゲストハウス・オーナーなのです。沖縄や京都などに多いですが、オーナーも住み込むことでさらに事業コストを節約し、日がな旅行者と交流しながらマイペースに暮らしています。


すると、民泊代行業者のノウハウに倣うよりも、ゲストハウス・オーナーの手法を参考にするほうが、Airbnb(エアビーアンドビー)民泊では利益が出せそうです。


コメント


bottom of page