top of page

心のこもった不動産投資― 民泊が人気のワケ!一般家庭にホームステイする魅力-1


ここ2~3年で最も知名度を増した言葉と言えば、それは「民泊」ではないでしょうか?日本の場合は「有名」になっただけで人気があるかと言えばクエスチョンマークですが、海外では人気もすさまじいもの。ヨーロッパではあのエクスペディアの利用者をAirbnb(エアビーアンドビー)が上回ろうという勢いなのですから、その人気は爆発的!


いったい民泊は、なぜそんなに人気を博したのでしょうか?民泊にはどのような魅力があるのでしょう?


このページでは、民泊の持つ魅力と人気獲得の理由について、ご紹介。また、魅力的な民泊物件を上手く選り分けるコツについても解説しますよ!



1 民泊の人気を押し上げたのはAirbnb!


ここ数年の世界的な民泊人気。その立役者と言えるのは、圧倒的にAirbnb(エアビーアンドビー)です。世界には日本以上に民泊仲介サイトが台頭し、人気を得ていますが、その中でもユーザー数や稼働実績はエアビーアンドビーが群を抜きます。


1-1.「他人が他人を泊める」ことの敷居を下げたのがAirbnb。


民泊という文化はこれまでにもありました。Airbnb(エアビーアンドビー)が成し遂げたことは何なのでしょう?このサイトの登場は、「他人が他人の家に泊まる」ことの敷居を下げたのです。


民泊は「個人宅に泊まる」ことを意味する言葉ですが、それまではもっぱら、民泊と言えば友人や親戚の家に泊まるものでした。ですから、民泊の機会はとても限られており、スペイン人がフィンランドで民泊をすることはそうそうあることではありません。


エアビーアンドビーは、「有償にしてクオリティを担保する」「ID認証を徹底して安全性を高める」という2つの対策を突き詰め、それによって知らない人を泊める・知らない人の家に泊まるということが容易に行えるようになったのです。


1-2.「安く泊まりたい!」そう願う人が世界中に溢れていた。


器を作っても、そこに入りたがる人がいなければ人気を博したりはしませんよね。小さなベンチャーから始まったAirbnb(エアビーアンドビー)が瞬く間に世界中で人気者になったのは、「安く泊まれる」という魅力を求めていた人が大勢いたため。


アメリカではゲストハウスのドミトリー(相部屋)でも4,000円もする中、エアビーアンドビーが「個室ですら1泊2,000円」というドミトリーの半値の激安宿泊施設を市場に開放したのですから、そのインパクトは大きかったことでしょう。


1-3.「あれ?安いだけじゃなくて楽しい!」で大人気に!


先駆けの時代にAirbnb(エアビーアンドビー)で部屋貸しを試みたホストは、その多くが人好き・交流好きな人情家でした。そのため、半信半疑や安さだけを期待して泊まった宿泊ゲストたちは、手厚く楽しくもてなされ、ホテル泊にはない魅力的なローカル体験をエンジョイできてビックリしたのです。


「安いだけじゃなく楽しい!」この二兎を追えるメリットフルなうわさがクチコミで広がり、特に欧米先進国を中心に、エアビーアンドビーはどんどん人気を広げていきました。


ね?エアビーアンドビーの台頭エピソードを知るだけでもワクワクするでしょう?



2 人気を得たのもうなずける!こんなにある民泊の魅力。


民泊にはどのような魅力があるのでしょうか?どのような魅力を求めて民泊フリークが民泊を活用しているのか、その人気の要因を解説します。


(1)手軽に国際交流!その国のこと、なんでも聞き放題。

(2)やっぱり家庭は落ち着くナァ。ホテルにはない自宅ならではの解放感。

(3)憧れのプチ移住!?まるで現地のヒトになったみたい。

(4)本当に美味しいお店はどこ?ガイドブックよりも正しい情報が手に入る!

(5)ゲストハウスよりも安いなんて、いったいどうなってるの!?

(6)日本人にとっては、最高の英会話スクール!

(7)小さな村に行きたいけど、ホテルなんかないよね・・・。え、泊まるところあるの!?

(8)他所者でも部屋が借りられる!民泊はアパートやシェアハウスの代わりにも!

(9)「人の優しさに触れること」で心が震えちゃう!


2-(1).手軽に国際交流!その国のこと、なんでも聞き放題。


ホテルというのは、とてもオシャレで機能的ではありますが、基本的には民族性やローカル性を排除した、単一指向のものです。そのため、海外旅行の宿泊先にホテルを選んでしまうと、なんだかいつも同じような環境・・・。


それに対して民泊は、泊まる場所がその国の一般家庭。日本なら畳とコタツがありますし、カッパドキアなら洞窟をくりぬいたおとぎ話みたいな家があります。こうした地方独特な文化に興味の強い旅行者にとって、民泊というのは博物館に泊まってるみたいな、いや、それ以上に知的好奇心を満たしてくれる魅力が!


「スペイン人はお昼寝の時間があるって本当なの?それで仕事や経済は回るの?」はたから見ていて疑問に感じずにはいられない個性的な文化について、いくらでもじっくりと、現地の人に質問することができます。


2-(2).やっぱり家庭は落ち着くナァ。ホテルにはない自宅ならではの解放感。


「はぁー、やっぱり我が家は落ち着くナァ!」なんて言葉、あなたも旅行帰りにつぶやいたことがあるのでは?家には豪華なシャンデリアもありませんし、朝食が無料で用意されたりもしませんが、それでも家庭ならではの解放感がありますよね。民泊先の家庭にも、

同じことが言えるのです。


2-(3).憧れのプチ移住!?まるで現地のヒトになったみたい。


民泊の多くは一般家庭で、しかも普通の住宅街にあります。すると、民泊施設に1週間も泊まるなら・・・まるで現地のヒトになったみたい!


近くの市場で野菜とパンを買ってきて、見よう見まねで地中海風サラダを作って優雅なブランチ。窓の外には行きかう地元の人たち。吹き込んでくる潮風がサラダの味をいっそう地中海風にしてくれて・・・と、まるで憧れの海外移住をしたような体験が、民泊なら味わえます。ホテル泊にはない魅力ですよね。


2-(4).本当に美味しいお店はどこ?ガイドブックよりも正しい情報が手に入る!


ガイドブックのレストラン情報を読み漁っていると、どれもなんだかビジネスチックで殺伐としてるなぁなんて、感じたりしませんか?あなたも近所のお店で外食するとき、雑誌で有名なお店よりももっと居心地がよく、安くて美味しい穴場のお店を愛用しているのではないでしょうか。


民泊のホストはその町に住んでいるコテコテの現地人。ですから、本当に美味しいお店や本当に良心的なお店を知っていて、あなただけにコッソリ教えてくれますよ♪そうしたお店に一緒に食べに行って、名前のわからないメニューを注文するのを手伝ってもらったり、たくさんの食べ物を分け合いっこしたりできるのも、民泊ならではの魅力です。


2-(5).ゲストハウスよりも安いなんて、いったいどうなってるの!?


上述したように、民泊の魅力には価格の安さも挙げられます。これがどれほど安いかと言えば、もちろん物件によって差はありますが、ホテルより安いだけでなく、最も安価な宿泊施設と言われているゲストハウスよりも安いのです!


ゲストハウスでは、安くあげるならドミトリー(相部屋)がもっぱらですが、民泊が真価を発揮するのは「個室」タイプの物件。Airbnb(エアビーアンドビー)で言えば、フランスやアメリカのような物価の高い先進国の、さらに首都のパリやワシントンでさえ、1,500円未満の個室がゴロゴロ!ゲストハウスならドミトリーでさえ、1,500円を切るのは簡単ではないのに、民泊の場合個室が、ドミトリーよりも安く泊まれるなんて!


2-(6).日本人にとっては、最高の英会話スクール!


私たち日本人にとって、海外での民泊は、語学スクールの役割まで果たしてくれます!英会話学習では「生きた英語」を聞いたり話したりすることが最も重要ですが、民泊はまさに、「生きた英語」の宝庫!生活や旅行に必要な英語を、実践の中で聞き・話し・鍛えることができるのです。


もちろん英語だけではありません。スペインに行けばスペイン語の、韓国に行けば韓国語の、フランスに行けばフランス語のシャワーを浴びることができますね。


逆を言えば、日本語を習得したがっている外国人には、日本の家主同居型民泊がとても人気。


2-(7).小さな村に行きたいけど、ホテルなんかないよね・・・。え、泊まるところあるの!?


飛行機の低価格化や旅行インフラの発達が進み、旅行できる場所はどんどん拡大しました。首都や有名な観光地だけでは飽き足らず、名前も聞いたことのない村を開拓して訪れようと試みる人は増えています。しかしそこでネックになるのは宿泊施設・・・。小さな村にはホテルなんてないですよね。


これを打破したのが民泊なのです!民泊は大きな施設を建てる必要がなく、一般家庭でも簡単に参入ができるため、およそあらゆる無名の町や村にも、宿泊施設が誕生しました。あなただけしか知らないあの国のあのマイナーな村にも、きっと1軒や2軒は民泊施設があるハズ。


2-(8).他所者でも部屋が借りられる!民泊はアパートやシェアハウスの代わりにも!


民泊の画期的な活用方法がコレ。民泊の個室が1泊2,000円を切るということは・・・そう!賃貸アパートやシェアハウスのような長期滞在目的にも活用できるのです!


この場合の特筆すべき魅力は2点あります。1つは値段。アパートは、日本を含め先進国ならワンルームでも月額50,000円くらいはしますね。さらに敷金礼金や家具費用もかかりますが、民泊の場合、すべてひっくるめても月額50,000~60,000万円で済んでしまう、驚くほどの安さ。


もう1つは契約。特に海外で不動産を借りるのは、ただの旅行者ではほとんど不可能ですよね・・・。どこの馬の骨ともわからない、仕事も持たない外国人に、部屋は貸してくれません。しかしこれが民泊なら、カンタンに借りることができます!


たとえば、ヨーロッパのほとんどの国は3ヵ月の観光ビザが無料で取れますが、その3ヵ月を丸々、イタリアの憧れのベネツィアで暮らすなんていうこともカンタン!信じられますか!?Airbnb(エアビーアンドビー)などの民泊仲介サイトでは、こうした長期滞在利用も人気です。


2-(9).「人の優しさに触れること」で心が震えちゃう!


民泊の最大の魅力は、コレかもしれません。


しかし、言葉で説明するのはとても難しいもの!これまでの8つの魅力項目の中で、「得られるもの」「提供してくれるもの」をいくつも並べましたが、その「もの」自体は場合によっては他でも得られます。しかし魅力として紹介したいのは、その提供された「もの」よりも、提供されるときにホストの彼らが見せてくれる「何気ない優しさ」なのです。


(家主同居型の)民泊のホストをする人には、優しく人好きな人がとても多く、彼らは言動の端々に優しさや思いやりをにじませています。何かものをもらうわけでなくても、何気ない交流をするたびに、あなたの心はポっと暖かくなるでしょう。「見ず知らずの私なのに、出会ったばかりの私なのに、なぜこんなに暖かく接してくれるんだろう?」そんな暖かい気持ちにさせてくれるホストは多く、そんな体験こそが旅行を鮮やかに思い出深く彩ってくれるものなのですね。


もちろん、あまり優しくないホストもいますが・・・。


bottom of page