top of page

大家さん必見!民泊経営投資で空き部屋解消!-4


4 究極の秘策!民泊許可物件サイトに丸投げしてしまおう!


要するに、あなたが多少なりとも民泊の業務に携われないのであれば、黒字をキープしながら且つ安全に民泊経営することは、ほぼ不可能と断言できます。


それでも空き家をAirbnb(エアビーアンドビー)民泊に活用したいなら、一つだけ秘策が!


それは、近年台頭しはじめてきた「民泊許可物件サイト」に、物件を貸しに出すことです。


4-1.「民泊許可物件サイト」とは?


Airbnb(エアビーアンドビー)起業ブームが起こり、不動産を探す投機家が増えましたが、民泊での「又貸し」を許可する大家さんは少ないものでした。それを好機とみて、民泊許可物件だけを集約した賃貸サイトを作る会社と、「民泊許可物件です!」と銘打つことで家賃を引き上げようと企てる大家さんが、増えてきました。「民泊許可物件サイト」とは、そうした物件・大家さんと投機家とを取り持つ、不動産賃貸サイトのことです。


4-2.民泊許可物件サイトに掲載するメリット。


民泊許可物件サイトに掲載することは、どんなメリットがあるのでしょうか?


4-2-1.先行投資のリスクを背負わずにビジネスができる。


自ら民泊を経営する場合と異なり、あなたは家具家電を買い揃える必要はありません。起業には、「先行投資金を回収できるだろうか」という不安が付きものですが、このスタイルの場合、先行投資のリスクがほぼ無いと言えます。


4-2-2.収支が赤字に陥ることもない。


先行投資費用が掛からないだけでなく、民泊代行業者に業務委託する必要もなければ光熱費や通信費を支払う必要もありません。そのため、出費が家賃収入を上回ってしまうということは、まず起こらずに済みます。


ただし、あなたの選んだ賃貸サイトが、「掲載料」などの名目で維持費を徴収する場合は、借り手が見つからなければ赤字が続くことになってしまいますので、仲介賃貸サイト選びには注意しましょう。


4-2-3.通常の賃貸に出すよりも多くの家賃収入が得られる。


Airbnb(エアビーアンドビー)ブームが起きたことで、「民泊利用が可能である」ということは、賃貸物件の価値(家賃相場)を高めています。一般的に、2割程度の上乗せは起きているようで、つまり、あなたの空き家の家賃が80,000円であったなら、民泊許可物件サイトでは10万円で貸せる可能性が高いということです。


4-2-4.民泊トラブル時の責任を問われることがない。


大家さんとして空き家を貸すだけの立場なら、その物件で民泊トラブルが起きた際に、クレームを叩き付けられたり損害賠償を請求されたりすることはまずありません。また、貸すだけの立場の場合、近隣住民から嫌われるようなこともあまり無いでしょう。


4-3.「民泊許可物件サイト」に掲載するデメリット。


では逆に、「民泊許可物件サイト」に掲載することにデメリットは無いのでしょうか?そしてその対策は?


4-3-1.デメリットは、物件を傷けられる可能性が通常賃貸よりも高いこと。


民泊用途の場合、出入りする人間が多岐にわたり、また発展途上国の人々など生活習慣が日本人より粗野な人も多いため、物件を汚されたり壊されたりする危険性は通常賃貸よりも高まります。この点は、覚悟や注意が必要ですね。


しかし、物件損傷のリスクをある程度カバーする方法は、あります。


4-3-2.敷金を多めに設定することで、損傷のリスクをカバーしよう。


それは、敷金を多めに設定すること。ペット可物件が敷金を3ヵ月分にすることが多いように、民泊許可物件も敷金を3ヵ月分程度徴収することは、奇異ではないでしょう。


ただし、実際に3ヵ月分もの敷金を設定している民泊許可物件は少ないです。そのため、「3ヵ月分」と設定するにしても、「損傷がなければ敷金は無暗に徴収しません。ご安心ください!」といった但し書きを特記事項欄などに明記し、借り手を安心させてあげるのが名案です。



社会に迷惑を掛けず、あなたもリスクを背負わず、Win-Winでエアビーアンドビービジネスが出来れば良いですね。

Comentários


bottom of page