top of page

在宅でも不動産収入! 春休みの民泊受け入れのポイント-2


2 3月下旬~の春休み期は桜目当ての外国人ゲストでにぎわう。


あまり知られていませんが、3月下旬~4月上旬にかけての「小中高生の春休み」のシーズンは、日本は外国人観光客でにぎわいます。これは、桜を見たいと願っている外国人観光客がとても多いため。


この時期に訪れる外国人ゲストはまず間違いなく桜を鑑賞したがっているので、桜に関する情報を提供できるように準備しておきましょう。


2-1.事前に準備しておこう!有効な桜対策はこの5つ。


外国人ゲストへの桜鑑賞の対策は、具体的にはこのようなものです。


(1)桜の名所までの交通情報を教えてあげられるようにしておこう。

(2)近所のちょっとした桜の名所をリサーチしておこう。

(3)お住まいの地域の桜の開花時期をリサーチしておこう。

(4)しだれ桜の名所を案内して、他の民泊ホストに差を付けよう。

(5)リスティングに近隣で見られる桜の写真を載せておこう。


2-(1).桜の名所までの交通情報を教えてあげられるようにしておこう。


日本の電車駅やバスには、まだまだ英語表記の整備が充分ではありません。特に地方ではまったくと言ってよいほど進んでいないところも少なくないでしょう。そのような中で公共交通機関で移動することは、外国人にとってとても困難。


民泊ホストのあなたは、近郊の桜の名所までの電車やバスの乗り方を把握し、民泊ゲストにわかりやすく教えてあげられるようにしておきたいところ。また、情報を教えるだけでなく、メモ紙を作って渡してあげると道ゆく人に尋ねやすくなるので、さらに親切です。


2-(2).近所のちょっとした桜の名所をリサーチしておこう。


桜目当ての外国人観光客の中には、有名な名所に行かなくても満足できる人がいますし、むしろ混雑した名所よりも無名なのんびりとした桜のほうが好ましく感じる人も少なくありません。


どこの町にもちょっとした桜並木などがあるはずですから、あなたの民泊家屋からの行き方を示した地図などを用意しておいてあげましょう。一緒に花見に出かけ、おにぎりや焼き鳥など日本らしい食べ物で小さな宴会でもしてあげると、とても喜ばれるかもしれません。


(3)お住まいの地域の桜の開花時期をリサーチしておこう。


桜が愛される理由にはその「儚さ」があります。他の花に比べ、咲いている時期が短いのです。


しかし外国人はこの事実を知りませんし、いつが満開期であるかはなおさら知らないでしょう。満開のときに桜を鑑賞できるように、来訪してからではなく予約問い合わせをもらったときにはもう、近隣の桜の開花予報についても教えてあげられると理想的です。


(4)しだれ桜の名所を案内して、他の民泊ホストに差を付けよう。


日本人にも人気の高いしだれ桜は、外国人にとっても人気です。いえ、しだれ桜の存在を知らない外国人は多いのですが、それを見たときの感動はとても大きいもの!


ですから、桜の名所を教えてあげる際、もしあなたの家の近隣に見事なしだれ桜があるなら、ぜひその情報を教えてあげましょう。混みにくい時間帯などわかるなら、それも併せて教えてあげたいですね。(平日の午前中など。)


(5)リスティングに近隣で見られる桜の写真を載せておこう。


外国人観光客は、日本のどこで桜の花が見られるか、あまりよく知りません。そのため、Airbnb(エアビーアンドビー)上のあなたのリスティング(お部屋の詳細ページ)の画像一覧に近隣の桜の写真を載せてあげると、「あ、このお部屋に泊まれば手軽に桜が楽しめそう!」とわかってもらえ、予約率が上昇するでしょう。


どこでも桜が見られることは私たち日本人にとって当たり前のことですが、外国人向けの観光情報ではその当たり前を書いてあげることが大切なのです。



Comments


bottom of page