top of page

在宅しながら定年退職後の生活費確保!民泊経営収入のススメ-1


「24時間戦えますか」という昔のCMのキャッチフレーズが象徴する、日本の過酷な労働環境。定年退職とは、そんな戦争さながらの過酷な労働からの卒業ですね。ようやくストレスから解放された!・・・と思いきや、老後の生活費をまかなってくれるはずの年金は、「65歳から」に繰り下げになってしまいました。どうやら、まだまだお金を稼がないわけにはいかないようです。


定年退職世代のシニアは、老後の生活費確保に対して、どのような対策を練れば良いのでしょうか?その対策の1つにオススメしたいのが、「ホームステイ受け入れ」です。



1 定年退職後の生活費を補う副業「ホームステイ受け入れ」の9つの魅力。


ホームステイ受け入れは、誰でも営むことのできる副業なのですが、定年退職を迎えた老後世代のご夫婦には特に適正のあるものです。ホームステイ受け入れにはどのような魅力があり、なぜ老後夫婦に向いているのでしょうか?


(1)特殊なスキルも資格も必要ない。

(2)設備も資金も要らない。

(3)「老後のご隠居生活」をしながら月収5万円前後を得ることができる。

(4)2部屋空いているなら月収10万円!

(5)懐の深い老夫婦ホストは、ホームステイのゲストからは大人気。

(6)資産価値の低い昭和家屋も、ホームステイにおいては優良物件。

(7)英語を学ぶことができるので、老後のたしなみ海外旅行にも大活躍!

(8)外国人の知り合いが増えるので、海外旅行の楽しみが一層アップ。

(9)もてなしのために外出(浪費)が減る。外出しなくても楽しみが得られる。


各項目を、もっと詳しく解説します。


1-(1).特殊なスキルも資格も必要ない。


定年退職者向けの副業はたくさんあり、様々な勧誘を受けていることでしょう。しかしそれらのほとんどは、専門的なスキルや資格を必要としているため、「まずは資格のスクールに通って!」というスクール勧誘が多いですよね。


それに対してホームステイ受け入れは、特別なスキルも資格も全く必要ありません。定年退職前の職業が何であっても、問題ないのです。


1-(2).設備も資金も要らない。


老後の生活費確保として近年人気なのが、不動産投資でしょうか。たしかにこれも、長期に渡ってお金を生み出してくれるありがたいものですが、しかし不動産を購入しなければなりません。それは何千万というとても大きな金額です。


それに対してホームステイ受け入れは、今ある家屋でそのまま始められます。定年退職シニアの場合、お子さんが自立していった後の家具家電付きの部屋が空いているはずで、ホームステイの環境がすでに整っていますね。


1-(3).「老後のご隠居生活」をしながら月収5万円前後を得ることができる。


仕事を選ばなければ、定年退職後のシニアができるアルバイトはいくらか存在しますが、その多くは清掃や自転車整理など、雨の日も風の日も体を動かさなければなりません。


それに対してホームステイ受け入れは、家にいながらにして収入を得ることができます。ホームシアターで映画を観たりお菓子作りを楽しんだりと、「老後のご隠居生活」をエンジョイしながら、収入が得られるのです。1泊2,500円くらいの値は付くので、月収に直すと5万円くらいでしょうか。


1-(4).2部屋空いているなら月収10万円!


前述したように、ホームステイ受け入れの収益相場は月額5万円くらいです。しかしこれは、1部屋を貸した場合の金額。


今の定年退職世代であれば、お子さんが2人3人おり、全員が自立を果たしているかもしれませんね。2部屋を貸しに出せるなら5万円×2=10万円。3部屋なら5万円×3=15万円が、ホームステイ受け入れで見込めます。


1-(5).懐の深い老夫婦ホストは、ホームステイのゲストからは大人気。


「老人にホームステイ受け入れなんてできるかな?」と戸惑いますか?その心配は要りません!


民泊の世界最大手Airbnb(エアビーアンドビー)の統計によると、ゲストの満足度が最も高いのは、シニア世代のホストなのです。懐の深いおじいさんおばあさんが笑顔で迎えてくれると、ゲストはとても安心するものなのですよ。


1-(6).資産価値の低い昭和家屋も、ホームステイにおいては人気物件。


「ウチは貧乏だから、家も古いままなんだよ!」と嘆く声も聞こえてきそうです。しかし、それも問題ありません!


たしかに年代物の家は、売りに出しても普通賃貸に出してもあまり良い値が付かないでしょう。でも、ホームステイの場合、ゲストの多くは外国人です。外国人にとっては、最新の小奇麗な家よりも、畳やコタツのお目見えする昭和家屋のほうが人気があります。


1-(7).英語を学ぶことができるので、老後のたしなみ海外旅行にも大活躍!


ホームステイのゲストの多くは外国人です。すると英語ができないと受け入れを始められないと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。英語ができないホストも、70歳を超えてから始めたホストも、日本には大勢います。


ホームステイ受け入れを続けていれば、自然と英語のスキルは上達していきます。これは、定年退職シニアに人気の海外旅行に繰り出す際にも、大いに役立ってくれるでしょう。


1-(8).外国人の知り合いが増えるので、海外旅行の楽しみが一層アップ。


海外旅行に役立つ思わぬ副産物が、もう1つあります。


ホームステイのゲストの多くは外国人ですから、つまり外国人の知り合いがどんどん増えていくのです。彼らは、自国の穴場の観光スポットを教えてくれたり、「ウチならいつでも泊めてあげるからね」などと嬉しいことを言ってくれます。「自慢のクルーザーに乗せてあげよう!」なんてこともあるでしょう。


こうした出会いにより、様々な国に興味が出てくるでしょうし、その地に赴く目的や楽しみが増えていきます。そして、手助けしてくれる人が増えるために旅行のしやすさもアップします。


1-(9).もてなしのために外出(浪費)が減る。外出しなくても楽しみが得られる。


ホームステイ受け入れを始めると、留守番することも一つの業務となるため、ある人々にとっては外出の量が減るでしょう。外出は何かと出費を伴いますから、つまりホームステイ受け入れをすることは、浪費を減らすことにも繋がります。


また、ゲストとの交流はたくさんの喜びを生み出してくれるため、外出欲求も減っていくでしょう。それにより、さらに浪費が減らせます。



コメント


bottom of page