top of page

人気の「ワンルーム投資」はなぜ人気?メリットを1分で解説!


投資や資産形成についてネットサーフィンなどしてみると「ワンルーム投資」がもてはやされていることにすぐに気づきます。特に初心者には向いているようで、参入した人のブログなどもよく見かけます。

「ワンルーム投資」はなぜ人気なのでしょうか?どんなメリットがあるのでしょうか?



低年収のサラリーマンでも参入できる。

ワンルーム投資の人気・メリットの最たるは、年収400万円台、300万円台のサラリーマンでも参入出来てしまう手軽さにあります。

なぜ年収360万円で1,500万円の新築マンションが買えるのでしょうか?

住宅ローンを活用できるからですよね。



サラリーマンは住宅ローンが通りやすい職業。

住宅ローンは審査に通らないと融資を受けることが出来ないものですが、サラリーマンは、たとえ年収がそう高くなくても、「完済の15年先まで安定して収入があるだろう」という信頼があるため、ローンが通りやすいのです。

サラリーマンとは、金融的信頼度の高い職業なのです。



実際のローンはそのマンションの家賃が自動で払ってくれる。

参入時のローン審査に通ってしまえば、しめたものです。

投資家本人としては、「審査に通るか否かだけでなく、ちゃんと払えるか心配だ」と思うでしょう。

しかし、その心配は杞憂なのです。

なぜなら、「マンション」という投機的物質があなたの手中にあるから。

マンション運用をしていれば、そのマンションがほぼ自動的に毎月の家賃を稼いでくれます。そしてその家賃が毎月のローンの返済に充てられます。

万が一、あなたが今の職を失ってしまったとしても、買ったマンションがローンを返済してくれるので、取り立てのヤクザに追われることはないのです。


毎月のローン返済額は基本的に、毎月の家賃収入額よりも低いです。


こうして、ワンルーム投資はよっぽどなことがないかぎり上手くいくので、人気が高いのです。

もちろん、都心など入居率が高め安定していきそうなエリアや良質な物件をチョイスすることは重要です。

「入居率99%!」といったバナーを掲げている不動産投資会社とタッグを組めば、失敗することはまずありません。



いかがでしたか?

メリットとしては、「生命保険の代わりになる」「節税対策になる」「家が持てる」などほかにも様々にありますが、「低年収のサラリーマンでも参入容易で成功しやすい」というのが最も特筆に値するでしょう。

bottom of page