top of page

不登校の子供に在宅しながら自信と「手に職」を!民泊経営という学習-4


5 小学生、中学生、高校生・年代別不登校の傾向とホームステイの携わり方。


子供といっても、その年代によって不登校の傾向は異なっており、ホームステイ改善法の向き不向きや、またはどのように取り組むと効果的であるかは変わってきます。


5-1.小学生の不登校は家庭環境に起因するものが多い。その場合、ホームステイ受け入れをしても改善は難しいかも?


小学生の不登校の場合、親子の不仲や両親の不仲など、家庭環境に起因するものが多いです。こうした理由の場合、家庭にホームステイを受け入れても不和が拡大するだけになってしまうことが多く、不登校の改善には繋がらないでしょう。


子供さん本人の友人との不仲が原因であれば、ホームステイで受け入れたゲストとの交流で改善がみられる可能性は高いです。


5-2.中学生の不登校は学業不振や友人関係が多い。ホームステイのゲストと積極的に関わらせよう。


中学生の不登校は、学業不振や友人関係に起因するものが多いです。友人関係に起因している場合、ホームステイのゲストと交流することで、明るさや行動力を取り戻すことがあります。


学業不振が理由である場合、ホームステイの経営に積極的に関わらせることをお勧めします。それにより、接客能力や経理計算など実質的な社会性が身に付き、学力の不足を実践力で補える大人になれる可能性があります。


5-3.高校生の不登校は社会不信や学校不信が多い。ホームステイ受け入れの経験を、賃金獲得に活かせる工夫を。


高校生の不登校は、「学校で猛勉強したところで正社員になれるとは限らない」といった社会不信や学校不信によるものが多いです。この場合、ホームステイ受け入れは非常に有効でしょう。


中学生の場合よりさらに積極的にホームステイ経営に関わらせ、社会能力を磨いていくことで、マーク・ザッカーバーグのような大規模な企業家になったり、そこまで極端ではないにしても、自分で起業してフリーランスで食べていく生活力を身に付けられる可能性が高いです。



Comments


bottom of page