top of page

不登校の子供に在宅しながら自信と「手に職」を!民泊経営という学習-1


子供さんの不登校に悩む家庭は、日本では年々増え続けています。フリースクールなど、代替的な受け皿は増えてきていますが、しかし不登校の根本的な改善策はまだ見出されていません。もちろん、不登校には様々な要因があり、子供さんの性格も様々で、特効薬が唯一無二ということはありえないでしょう。


そんな中、「どのフリースクールを選ぶか」という選択から大きく視点を変えて、「ホームステイ受け入れで環境を変えてみてはどうか」と試みる家庭が増えてきています。



1 ホームステイ受け入れが不登校克服や自立のキッカケに!


事の発端は、「発想の逆転」からでした。


1-1.これまで一般的だった不登校改善法は、ホームステイ「しに行く」もの。


これまで、不登校の子供の治療方法として有名だったのは、ホームステイはホームステイでも、「泊めてもらう側」での携わりでした。山村留学などと呼ばれ、沖縄離島や本島地方などの自然多き地域の家庭、またはフリースクールに泊まり込み、普段とは異なる生活をするものです。


こうした取り組みは全国で行われていますが、100%とはいかずとも着実な成果を上げてきました。


1-2.不況の時代、山村留学やフリースクールの費用が払えない家庭が増えてきた・・・。


しかし、山村留学や住み込み型フリースクールは費用がかさみます。バブルの時代には多くの家庭にそれだけの資金がありましたが、給食費すら払えない家庭が続出している昨今、子供の不登校が重大事とわかっていても、そこに大金を注ぐことが難しいのが実情です・・・。


1-3.「山村留学的な環境」を家庭で作ってしまおう!それがホームステイ受け入れ法。


そうした家庭が、新しい取り組みを思いついたのです。それは、ホームステイはホームステイでも、不登校の子供さん自らがホストファミリーとなって、ゲストを受け入れること。


そしてこの試みは、多くの家庭で不登校改善に確かな成果を生み出したのです!



2 ゲストとの交流で広がる子供の可能性。


「ホームステイ」という取り組みは、なぜ不登校の子供たちに対して効果があるのでしょうか?端的にまとめると、8つの効果が挙げられます。


(1)「ラフな環境」によって、縮こまった心が解放されていく。

(2)「人間関係のリセット」で新しい自分が出せる。

(3)「自分らしく生きている人々」との出会いで安心して自分を出せる。

(4)「環境の変化」が、昨日とは違う決断を後押ししてくれる。

(5)普通学校に通わなくても生きていける方法や可能性があることに気づける。

(6)むしろ普通学校よりも、実用的な「生きるチカラ」を磨ける。

(7)「大人になって何の役に立つんだ?」と憤る勉強をせずに済み、ストレスが減る。

(8)英語力と国際力が身に付く。


それでは、1つ1つを詳しく解説しましょう。


2-(1).「ラフな環境」によって、縮こまった心が解放されていく。


農村留学の家庭や学校、フリースクール、そしてホームステイのゲストたちは、学歴主義的な価値観を持っていないことが多く、持っていたとしてもそれを不登校の子供に対して押し付けるようなことはしないでしょう。


そのため不登校の子供は、学校の先生とも勉強熱心なクラスメイトとも違ったラフな人間関係の中で、のびのび過ごすことができます。この環境によりプレッシャーから開放され、明るい笑顔を取り戻す子供は多いです。


2-(2).「人間関係のリセット」で新しい自分が出せる。


「周りの人たちの価値観がラフになる」というだけでなく、「周囲の人間が入れ替わる」というリセットの環境変化も、不登校の子供に良い影響をもたらします。


ひょんなことから演じはじめてしまった自分や、周りに貼られてしまったレッテルを、同じ環境の中で変えることは難しいのですが、人間関係が刷新された中であれば、「新しい自分」や「本当の自分」で振舞えるようになるのです。中学まで暗かった子供が高校になって突然華やかになることがありますが、それと同じような効果を生み出すことができます。


2-(3).「自分らしく生きている人々」との出会いで安心して自分を出せる。


山村留学やフリースクールに参加する子供も、ホームステイにやってくるゲストも、「型にはまった生き方」を嫌い、自分らしく生きている人が多いです。


あなたの子供さんが同じようなタイプであった場合、そんな「自分らしい人々」の輪の中で自分らしさを取り戻し、安心するでしょう。


また、周りに合わせて無難に過ごしてきた子も、自分らしく生きている人々とのたくさんの交流の中で触発され、アクティブな性格に様変わりすることがあります。


2-(4).「環境の変化」が、昨日とは違う決断を後押ししてくれる。


不登校に陥った子供の中には、「そろそろ学校に戻ろうかな」と思いはじめている子もいます。しかし、気恥ずかしさなどの感情から、「学校に行ってみる」とは言い出せないことがあるのです。


この場合、山村留学やホームステイ受け入れなどの大きなイベント・変化を経たことを口実にして、「なんか元気出たから学校に行ってみる!」と切り出しやすくなる効果があります。



Comments


bottom of page