top of page

不動産投資は「不労所得」というよりも「自営業」と考えるべし。


不動産投資を検討している人は、「不労所得を得たい」と考えている人が多いでしょう。

家にいながらにして生計を立てる方法はないか?と。自由にバカンス旅行をしながらも生計を立てる方法はないか?と。

しかし、そう考えているならば注意が必要です。



交渉や保守点検などに意外と労力はかかる。

不動産投資は、家でただじっとしていて収入が得られるわけではありません。

多方面との交渉や、物件の保守点検(を専門業者に依頼する)などに意外と労力がかかります。

こうした雑務は、物件が商業的なものであるあればあるほど、物件の規模が大きければ大きいほど、多くなります。

昔ながらの木造アパートを賃貸経営するならそんなに作業はありませんが、都心の商業ビルを一棟まるごと管理する、となると交渉は煩雑になります!

こうした作業を、あなたは苦なくこなせるでしょうか?



営業マンや企業社長のようなスキルを必要とする。

交渉や保守点検などしながら、物件の質を保ったり、かかるコストを減らしたりしていく必要があります。

想像がつくとは思いますが、こうした作業には営業マンや企業社長のようなスキルを要します。

サラリーマンが大家を志望している場合は問題ないかもしれませんが、未亡人の女性が投資で生計を立てようと考えているケースなどは、困難となって立ちはだかりそうです。



言われるがままでは経費が高騰してしまう。

何かあったときにその都度対処していけば、対処できないこともないでしょう。

商業ビルを中古買いするケースなどは以前のオーナーが契約していた保守会社があるでしょう。

しかし、こうしたものを全面的に言われるがままに契約をしていると、経費がかさんでしまいます。



そのため不動産投資は、「不労所得」というよりも「自営業」というつもりでいたほうが良さそうです。

自営業で、様々な企業や人と交渉したり経費を管理したりするスキルのある人に向きます。

不動産投資は節税対策になりますが、それもやはり、経費計算などこなせる必要があります。


社会経験の乏しいシニア女性が不動産投資をしたい場合、一軒家を賃貸に出すなど、シンプルな内容のものにしたほうが良さそうです。


Comments


bottom of page