top of page

ワンルームマンション投資の初期費用はどれくらいかかる?【不動産投資】


不動産投資をすべく物件を買うなら、建物代だけでなくその他の雑費もかかることは伺えますが、幾らくらいになるのかよくわからない、という人が多いでしょう。

マンション購入の初期費用については様々なブログで解説されていますが、遠まわしでわかりづらいものばかりなので、この記事では簡潔に要点を解説します。



明解!ワンルームマンション投資の初期費用の目安。

ここでは2,000万円のマンションを購入したと仮定して、初期費用を試算します。費用によっては物件の価格に伴い上下するものもありますが、ワンルームマンションであれば大体このくらいにはなります。目安としては充分でしょう。


  • マンションの頭金:400万円

  • 登録免許税:80,000円

  • 保証料:40万円

  • 手数料:60,000円

  • 司法書士手数料:50,000円

  • 印紙代:20,000円

  • 初期費用合計は? 461万円


この他にも色々とかかることもあります。マンション購入の初期費用は「マンション価格の2~3割を用意すべき」とよく言われていますが、それが実感できるのではないでしょうか。

ここでは頭金を「マンション価格の2割」で算定していますが、「マンション価格の1割」で済むケースもあります。そうなれば大幅に安くなります。



ローンが払えるだけの経済力では購入できない、ということ。

マンションを購入する際は、不動産ローンで少しずつ返済していくのが通例であることはご存じでしょう。2,000万円のマンションのローンは月々6万円程度です。すると20万円程度の月収、250万円程度の年収があればマンションを買えても良さそうなものです。

しかし上記のように、初期費用として数百万円のお金が必要になります。だから「年収400万円は必要だ」「貯蓄のある人でないと家は買えない」ということになるのです。



年収より貯蓄が重要だったり。

不動産投資のためにマンションを購入したい場合、年収が500万、400万を超えているかどうかというよりも、「数百万円の貯蓄があるか」のほうが重要であったりします。

年収500万円もあれば数百万の貯蓄を築いているだろう、という大体の予測がたち、年収を基準に不動産投資が可能かどうかを切り分ける事例が多いのですが、実際は年収が500万円あろうと上記のような初期費用を用意できなければマンションは買えません。



いかがでしたか?

もしあなたがまだ二十歳で、「ゆくゆくはマンション投資をしたい」と夢見ているなら、年収アップを目指すことと同時に、貯蓄をしておくべきです。

年収が高いだけでなく、数百万円規模の頭金・初期費用が必要となります。

Comments


bottom of page