top of page

リノベーションの費用相場は幾らくらい?


リノベーションの費用相場は幾らくらい?

近年はすっかり一般化してきました。住宅をリノベーションするという概念。

安価で済むという点と、個性あふれる家が手に入るというメリットから、不動産投資家や業者だけでなく個人でも、リノベーションを検討する人は増えています。

気になるその費用相場は?



基本的に広さによって変わる。地域性も。

リノベーションの費用相場は原則的に、物件の広さに大きく左右されます。広ければ広いほど作業量も建築資材も増えるからですね。


  • 物件の広さ

  • 求める設備グレード

  • 地域性


おおむねこの3つの要素の掛け合いで合計金額は決まります。

目安として、東京都心エリアで60㎡~70㎡の物件をフルリノベーションして1,000万円程度、といったところ。しっかリノベーションしたいならこれくらいの予算を想定しておくのがベターです。



「住めれば良い」のであれば価格を下げるカスタマイズは可能!

リノベーション検討者の中には、「とにかくこのマンションは古すぎるから、シンプルに新調したい」という無欲な考えの人もいるでしょう。

表層替え程度に留めるなら、同じ60㎡~70㎡の広さでも半額弱にまで抑えられるでしょう。

たとえばこのようなことに気を付ければ、費用を節約できます。


間取り:水回りを移動しない。部屋の仕切りを変えない。

壁・床の素材:すべて同じクロスで仕上げたり、床はフローリングに。

キッチン:システムキッチンではなく既製品をはめ込む。

お風呂:標準的なユニットバスに。

トイレ:シンプルなタンク付きトイレ

造作家具:作り付けの棚を求めない。


家具は手持ちのものがありますから、作り付けの家具やキッチン家具はあまり必要でないはずです。



「意外とお得」なのでは?

リノベーションをすれば、新築と見まがうような新しくて機能的な家が手に入ります。

それが、少々こだわっても1,000万円ちょっとで実現するなら、新築を建て直す(買い直す)よりもずっと安いです!

シニア夫婦が、「30年住んできた家、そろそろ気分転換したい」と思ったとき、3,000万円かけて家を買い直さなくても、1,000万円程度でフレッシュなスタイリッシュな家が手に入ります。これは良いですね。



いかがでしたか?

リノベーションはなかなか良い概念です。ニュースなどでも取り上げられるようにはなってきていますが、「意外と安い」という価格面ももっとプッシュすべきだと感じます。1,000万円程度で済むとわかれば、リノベーションする人はもっともっと増えるでしょう。

Comments


bottom of page