top of page

マンション投資のメリットは?リスクは?初心者でも安心の「堅実」投資術。​

不動産投資を検討する人の最も多くが着目するのが、マンション投資です。知人や不動産投資セミナーなどに、勧められることが多いですね。マンション投資はなぜ、投資家に人気なのでしょうか?どのようなメリットがあり、どのようなリスクがあるのでしょうか?堅実な不動産投資に活用するには?



マンション投資が流行るのは、ディベロッパーが儲かるから・・・。

まず最初に、このジャンルのブラックな実情を知るべきです。マンション投資、特に都内ワンルームマンションが「不動産投資としてオススメ!」ともてはやされるのには、裏の理由があります。それは、「ディベロッパーが儲かるから」です。「マンションを建設する側の人々」が儲かるからです。ディベロッパーは、マンションという高額な商品を速く売り払ってしまいたいのです。そのために、「投資に活用すればあなたも安定収入が得られますよ!」と言い、住居を必要としていない人たちにも売る戦略をとっているのです。だから、マンション投資を推奨する投資会社は、開発も行っている不動産会社が多いわけです。

普通の誘いにはあまり乗らないほうがよい・・・。

上記のような内情があるため、「マンション投資は儲かるよ。君もやってみたら?」といった普通の誘いには乗らないほうがよいです。損をする可能性が高いわけでもないのですが、お金だけを出して投資を行いたいなら、もっと割のよいものが他にもありそうです。



マンション投資をするなら、戦略を持ったうえで。

マンション投資をするなら、戦略を持ったうえで、先の見通しをイメージしながら行ったほうがよいです。徹底的なリスクマネジメントをするのです。

空室が続くなら利益が出なくなる。

マンション投資は、当たり前ですが、空室が続くなら利益が出なくなってしまいます。投資会社は「東京や大都市はワンルーム需要が右肩上がりだから大丈夫です!」と言うのですが、その保証はありません。投資会社の言うことを鵜呑みにするわけにはいかないのです。なんとなくやって成功するわけではなく、空室が続くなら赤字になってしまうのだということを、まずは肝に銘じてください。

空室対策を、自分で考えておくのがポイント。

そのため、空室が続いてしまわないようにするための対策を、自分で考えておく、立てておくことが大切です。そうすれば損をしなくて済みます。

端的に言って、住んでくれる人を複数、確保しておきましょう。空室が続いてしまうとき、知人に「住んでくれない?」とお願いすれば、一人くらいはニーズがあるでしょう。そうした人間関係を築いておくことが大切ですし、あなたがワンルームマンションのオーナーであることを皆に知らせておくことが大切です。また、子供や親せきに住まわせる、というアイデアもあります。そして、あなた自身が住む、というアイデアもあります。

1軒なら成功しそう。複数物件に手を出すと戦略が破綻する!

「周りの人に住んでもらって空室リスクを埋める」という戦略は、1軒だけならおそらく成功するでしょう。大人にもなればそれなりの数の知人はいるはずで、あなたが地方在住でも、東京にワンルームを求める知人もいるでしょう。しかし、投資に熱を出して3軒、4軒とワンルーム投資をしようとするなら・・・空室リスクを埋めてくれる人の数は足りなくなり、この戦略は破綻します。物件が埋まり続けるかどうか、世の中の流れに身をゆだねるしかなくなるのです。それはリスキーです。



「マンション投資はカンタン」は本当。

「マンション投資は簡単だ、気軽だ、敷居が低い」とよく言われますが、それについては事実と言えます。

初期費用が少なめ。

ワンルームマンション投資は、頭金300万円程度で可能です。都内のワンルームマンションも1,500万円ほどだからです。中には頭金150万円、80万円、0円といったケースもあります。


管理は不動産会社が請け負ってくれる。

マンションのオーナーとして切り盛りするのは、素人には大変なことに思えます。しかし、管理は不動産会社がほぼすべての行程を請け負ってくれて、あなたはほとんど何もしなくても、運営が可能です。住人の募集も集金もクレーム対応も、不動産会社が行ってくれます。不動産業に無知でも、マンション投資はできます。



利益は少なめ。他の目的を兼ねるほうがよい。

マンション投資は、そう大きな利益を上げられるものではありません。「20年後に、年金額が毎月6万円上乗せされるようになる」くらいに考えておきましょう。そのためマンション投資は、他の目的を兼ねるほうがよいです。節税対策や、死亡保険の代わりの策、といったことです。



いかがでしたか?

マンション投資にもそれなりのメリットはありますが、巷で騒がれているほど有用なものとは言えません。ディベロッパーが売りたい物件を都合よく買わされた・・・というふうにならないように、明確に目的意識を持って行うようにしましょう。投資会社は慎重に検討し、なるべく誠実な会社とパートナーを組みましょう。

Comentarios


bottom of page