top of page

マンション投資のメリットとリスク。初心者でも失敗しないって本当?-1


近年、不動産投資の中でも最も多くの人に運用されているのが「マンション投資」です。サラリーマンや女性、二十代のフリーランサーにも裾野は広がり、友人と話してて「あなたも!?」と驚かされることは多いでしょう。

マンション投資のメリットとリスクは、どのようなものがあるのでしょうか?初心者でも挑戦しやすいというのは本当なのでしょうか?その理由は?



マンション投資が一番簡単なのは本当。投資会社に丸投げできるから。

結論から言って、マンション投資が一番簡単なのは本当です。

マンション投資の場合、あまり知識もスキルも必要ではなく、極端な話、300万円程度の頭金と勇気さえあれば、およそ誰でも行うことができます。そして、失敗することはまず無いです。


不動産投資会社が最も力を入れているのがワンルームマンション投資。

なぜかというと、不動産投資会社が最も力を入れているのがマンション投資だからです。よく耳にする、「都内のワンルームマンション投資」です。

人口減少に突入した日本において、東京は相変わらず流入超過を続けています。そして中でも増加が多いのが、単身者世帯なのです。ワンルームマンションに住む人たちです。

単身者世帯の増加はまだまだこの先何十年単位で増加し続ける見込みがあることから、投資会社はワンルームマンション投資に非常に力を入れています。自社でワンルームマンションを建設するほどです。


不動産投資会社はワンルームマンションの経営ノウハウを熟知しており、つまり投資が成功する軌道をもう持っているのです。だから確信を持って投資検討者に勧めますし、実際にそれを成功させます。


管理も集客もクレーム対応も投資会社に丸投げ出来る。だから初心者でも可能。

マンションの大家というと、入居検討者と家賃の交渉をしたりリフォームの要望に耳を傾けたりと、何かと大変そうなイメージがあります。サラリーマンや素人にいきなり出来そうなものとも思えません。

しかしマンション投資では、投資会社がマンション管理業務をすべて請け負ってくれるのが一般的です。集客もクレーム対応も滞納家賃の督促も、投資者(あなた)は何もしなくて良いのです。

だから、投資初心者でも可能になるんですね。そして人気があり、成功できるわけです。


費用が少額で済むのもワンルームマンション投資のメリット。

ワンルームマンションは不動産の中でも小ぶりなものです。そのため、費用や頭金も少額で済みます。都内の一等地でも1,500万円ほどが相場で、頭金は300万円程度で済みます。1,500万円ならローン完済がそう難しい額でもないため、頭金100万円、頭金0円、なんていう投資も可能になるわけです。



ワンルームマンション1つなら、リスクが非常に少ない。失敗しても失敗にならない。

ワンルームマンションのメリットに、リスクの小ささが挙げられます。

まず、1,500万円、月額5万円ほどのローンなら、仮に入居者がいなくて家賃収入が得られなくても、払い続けることができるでしょう。自宅暮らしなら月収20万円のOLでも払えますし、一人暮らしでも月収30万円稼いでいるなら払える額です。

誰も入居者がいないとき、「自分で住む」という選択肢もあります。普通に都内でワンルームマンションを借りれば7万円くらいしますが、それを月額5万程度の格安で住めるのです。この時点でもう、得をしています。

自分で入居できないとしても、ワンルーム一戸程度であれば、友人知人を当たれば誰か一人くらい住んでくれる人はいるでしょう。相場より少し安くしてあげれば、なおのこと見つかりやすくなります。

不動産投資に興味を持つということは起業精神も旺盛でしょうから、そのワンルームを何かビジネスに使う、という手もあります。セラピストになってセッションルームにしたり、小オフィスとして貸し出す手もあります。

何も使えないとしても、やがて子供を生み、大きくなったときに、一人暮らしに使わせればやはり家賃が浮きます。


ワンルームマンション投資はこのように、もともと空室続きや失敗のリスクが少ないうえに、失敗したとしても転用の選択肢が多く、損にならないのです。転用できないとしても、ローン額が小さいので払いきれないということがありません。また、売れないこともまず無いでしょう。マンションは値崩れしにくいので、売却額で投資額をほぼ相殺できるはずです。



マンション投資は、不動産投資会社の選択がすべて。

このようにマンション投資は、都内ワンルームによるものであれば不動産投資会社に任せるだけで容易に運用することができます。利益を出すことができます。

するとマンション投資において重要なのは、「いかに優秀な投資会社を選ぶか」にかかっています。これさえ上手くいけば後は安泰ですし、これが上手くいかないなら失敗の懸念が高まります。


大手の、実績の優れた不動産投資会社を選ぶのがポイント。

では、不動産投資会社はどのような基準で選べばよいのでしょうか?

もっぱら、不動産投資の大手会社、強力な実績を持つ会社が推奨できます。

ホームページのトップ画面に「入居率98%!」「リピーター多数!」などと掲げている企業です。

そうした不動産投資会社は、とりあえずワンルームマンション投資で成功する盤石なノウハウを持っています。


また、自社物件を持つ不動産投資会社は強いです。

自社物件ならマージン無しに購入することができるため、他社のものよりも安く手に入れることができます。さらに不動産投資会社の自社物件は、不動産投資の運用に適した立地や設備、デザイナーズ建築などの魅力を持っていて、確実性が高いのです。空室になりにくいということです。


  • 強力な実績を持つ。

  • 自社物件を持つ。


この2つの条件がそろった不動産投資会社なら、ワンルーム投資に関してはまず失敗は起こらないでしょう。

ただし、やはり幾つかの不動産投資会社を周って話を聞いたほうがよいです。


Comments


bottom of page