top of page

サラリーマン投資家はなぜブログを書くのか?内容を信頼してよいのか?


「サラリーマン投資家 ブログ」などと検索して情報収集する人は多いでしょう。

彼らの書くブログ記事が、同じサラリーマン投資家の境遇の自分の参考になる、と考えます。しかし、本当に信頼してよいのでしょうか?



サラリーマン投資家はなぜブログを書くのか?

その心理を推測してみたことがありますか?

もちろんブログで奮闘記を綴る理由は人それぞれではありますが、ある程度の傾向があります。

サラリーマン投資家たちは、投資によって「大きな収益が得られる」「FIREが実現できる」と憧れて挑戦します。しかし実際にやってみると、思ったような収入にはならないことに気づきます。

そこで、赤字リスクが高い不動産投資で収益を上げるよりも、「アフィリエイト収入」や「セミナー講師」「情報商材」のようなやり方に切り替えるのです。これらは数千万も掛けて物件を買わなくても収益が上がりますから。


ちなみに、サラリーマン投資家に限らず、世の中に異様に投資セミナー講師や情報商材が多いのは、こうした理由です。



ある程度参考になるが、「結論」はあてにならない。

サラリーマン投資家のブログの類は、リアルな実体験を交えて綴られていたりして、ある程度は参考になるでしょう。

しかしそのブログ記事の結論にあたる部分の内容は、あてになりません。

上述したように、何かを売りたい(またはアフィリエイト広告を踏ませたい)目論見があり、「~だからマンション投資がやっぱり一番オススメ!」などと結論づけるのです。


ボランティアで情報記事を書く人はまずいません。

「〇〇がおすすめ!」「××は危険!」などという情報が「ありがたい」と感じてどんどん読みたくなるかもしれませんが、そのブログ記事の執筆者の意図を推測しましょう。そうでないとだまされてしまいます!



不動産投資で収益を得ることはたやすいが、大きな収入を得るのは難しいと心得よう。

不動産投資そのものが赤字地獄なわけではありません。

たとえばワンルームマンション投資などは、初心者でも簡単に参入できますし、サラリーマンという立場でも、年収が3~400万円台でも可能です。

しかし、得られる収益額は「ローン完済後に月収6万円ずつ」程度の額でしかないのです。


「1億円の資産形成」などの言葉のマジックに騙され、投資によって大きな収益を得られるのだと思い込んでしまうと、迷走することになってしまうでしょう。



いかがでしたか?

不動産投資で、大きな収益を得ようと思えば思うほど、その難易度は高くなります。

地方の中古一軒家の掘り出し物物件を見つけて格安でリフォームして再販、などというのは、よほど知識や行動力や貯金がないと行えません。

土地を持っているのでもないなら、まずは「老後に月収6万円ずつ収入を得たいな」くらいのつもりで、堅実な気持ちで参入をしましょう。

Comments


bottom of page