top of page

コインパーキング投資に向いているのはどのような人?【土地活用】


「収益を上げやすい」と言われているコインパーキング投資(駐車場投資)。

興味を抱いている人は多いことでしょう。難易度が低いと言っても、誰でも向いているわけではないはずです。どのような人に向くのでしょうか?



すでに土地を持っている人に向く。

コインパーキング投資は、すでに土地を持っている人に向きます。

理由は単純明快で、コインパーキング経営参入にかかる経費の大部分は土地代になるからです。コインパーキングはシンプルな構造の施設ですから、精算機やロック板など必要な設備を導入することはせいぜい100万円程度で済んでしまいます。

それに対して土地代は、形のいびつな狭小地でも1,000万円はすることがもっぱらで、経費が一気に跳ね上がります!



コインパーキング投資の収入はどれくらい?

「コインパーキング投資をするなら、収入はどれくらいになるだろう?」と気になるのは当然です。そしてインターネットを検索したりするでしょう。

検索すればシミュレーションの数値は出てきますが、残念ながらこうした数値はあまりあてになりません。

なぜならコインパーキング経営の場合、どれくらいの収益になるかは非常にまちまちだからです。


エリアによって1時間あたりの駐車料金の相場も大きく違いますし、稼働率がどの程度になるかも非常にまちまちで、「25%と仮定して」などと試算することに無理があるのです。



とにかく多少は儲かる。

「コインパーキング経営の収入はどれくらいになりますか?」という問いに的確に回答するのは困難です。しかし、上述したように初期投資もランニングコストも少ないため、赤字が続くということはまずありません。それなりに儲かるでしょう。

周辺エリアを見渡して、どのコインパーキングもそれなりに利用されているようであれば、あなたのコインパーキングも年間数十万円の収益にはなるでしょう。



管理を完全に委託しても赤字に陥らないのが嬉しい。

コインパーキング経営は、管理業務を業者に完全に任せてしまうことも可能です。コインパーキング経営や投資の知識がまるでなくても、経営が可能です。

しかも、管理費用は月額2~3万円で済むのがもっぱらで、よほどガラガラでないかぎり赤字に陥ることもありません。

そして、仮に駐車の需要がまったくなく経営を続けることが不毛に感じられるなら、撤退も非常に容易なのがコインパーキング経営のメリットの1つです。



いかがでしたか?

コインパーキング経営は参入も撤退もきわめて容易なので、土地を持て余しているなら積極的に検討するとよいです。


Kommentare


bottom of page