top of page

キャピタルゲインとはどういう意味?【不動産投資用語】

不動産投資には専門用語が数多く飛び交います。初心者の頃は文章を読むだけでも大変ですよね。このシリーズでは、不動産投資用語をわかりやすく解説します。



キャピタルゲインとはどういう意味?(Capital Gain)

キャピタルゲインは、持っている資産を売却することで得られる利益のことを指します。不動産投資としては、自宅や投資用分譲マンションなどを売却(不動産売買)するときに、キャピタルゲインが入るというわけです。


不動産投資では、下記に説明するインカムゲインとキャピタルゲインと、どちらかの手法を軸にして収益を企てます。

1980年代頃、不動産売買をする投資が流行りましたが、それがキャピタルゲインです。近年流行っている、ワンルーム投資やアパート経営は、家賃収入をコツコツ得ることを企てますから、インカムゲインです。

不動産投資の裾野の拡大に伴い、リスクの少ない投資のほうが求められるようになり、近年では家賃収入を中心としたインカムゲインのほうが一般的になってきています。

インカムゲインとキャピタルゲインを両方駆使して利益を企てることもあります。



キャピタルゲインと対をなす言葉が「インカムゲイン」(Capital Gain)。

インカムゲインとは、所有することで安定期・継続的に得られる利益のことです。投資全般で用いられる用語です。

不動産投資用語においては、賃貸運用することで得られる家賃収入がインカムゲインに該当します。



キャピタルゲインのメリットは?

不動産投資におけるキャピタルゲインのメリットは、短期間に大きな収益を狙うことが出来る点です。不動産投資を始めてわずか1年で1,000万円増えた!ということも可能で、これはインカムゲインの投資法ではほぼ無理です。



キャピタルゲインのデメリットは?

不動産投資におけるキャピタルゲインのデメリットは、運用の難易度が高いうえに、失敗の可能性が高まりハイリスクな点です。いわゆるハイリスク・ハイリターンです。

手頃な値段の中古物件を買っても、それが高値で売れるとは限りません。



不動産投資のキャピタルゲイン狙いは中級者、上級者向き。

不動産投資において、キャピタルゲイン狙いは初心者には向きません。知識や戦略性が要り、あちこちフットワーク軽く行動、交渉していくことも必要なので、中級者、上級者向きです。

どのエリアのどういう物件が大きな価値に化けそうか、分析したり自分でセンスよくリノベーションして価値を上げる努力が要ります。こうなってくると「不労所得」とも言えなくなってきます。

中級者、上級者ですら失敗することもあるキャピタルゲイン狙いですから、慎重に!



いかがでしたか?

キャピタルゲインは、割と重要な不動産投資用語と言えます。

不動産投資セミナーなどでも解説なしに飛び出したりするので、出来ればこの意味は覚えておきましょう。


Comments


bottom of page