top of page

アパート一棟投資は家族や親族をも救う!



高利回りになりやすく、資金に余裕のある人には人気なのがアパート一棟を丸ごと運用する投資です。いわゆるアパート運営。

これは収益性が高いだけでなく、あなたの家族や親族を救ってくれるというメリットもあります。



住むところに困る家族や親族に、部屋をあてがってあげられる。

不況が長引く現代、生活のギリギリな人は多いものです。特に実家から飛び出して一人暮らしをしなければならなくなると、暮らすことに困難が生じる人も出てきます。正社員でも手取り20万円に満たない時代ですから・・・

そんなとき、あなたが8戸建てものアパートを所持しているなら?

そのうちの一戸に、困っている家族や親族を住まわせてあげることが可能です。住まいは最も重要なライフライン。それはすさまじい助けです!


正社員になれなかったり、経済に困窮しているとき、普通にアパートを借りようとしても家主の承認が下りないこともあるものです。しかしあなたは、家族や親族に対しては収入証明だの保証人だのと言わずに貸してあげる気になるでしょう。彼はとても救われます。



相性の悪い親族を複数助けることも出来る。

家族や親族が住む場所に困っているとき、「居候させる」という手段もあります。

しかし、あまり仲の良くない親族と同居するのは苦しいものです。アパートを所有しているなら、同居することなく助けてあげることが出来ます。

そして、親族が2人3人と住まいに困っているとき、その親族同士があまり仲良くないとしても、それぞれに別の部屋をあてがってやることで窮屈な思いをせずにそれぞれが暮らすことが出来ます。



アパート経営は高収益。1戸2戸を犠牲にしても黒字は保てる。

アパート経営の魅力はなんといっても収益性の高さです。

月収50万、年収500万といった規模になったりもします。

あなた自身の収入にはゆとりがあるため、家族親族に1戸2戸を半額で貸し与えたところで、あまり困りはしないでしょう。

無償で貸しても問題は無さそうですし、まぁ半額にもしてあげれば充分でしょう。(甘やかしすぎないほうがよいです)



子供が正社員になれなくても独り立ちができる。

今の時代、非正規雇用で暮らす人は非常に増えています。正社員になりたくてもなれない人は多いものです。そして正社員になれないと、アパートを借りて一人暮らしをすることは困難です。

しかしあなたが直接貸してあげられるならば、正社員になれない子を実家から独立生活させてあげることも出来ます。

独立生活の練習をさせてあげる、といったことも出来ます。


実際問題、親の運用するアパートに住む子は結構多いです。

礼金は免除し家賃はちゃんと払わせる、などして程よく手を貸しながら住まわせていることが多いです。



いかがでしたか?

不動産投資は、自分のためだけでなく家族のことを考えての人も多いことでしょう。

ファミリーマンションを1軒買っても知らない人が住んでしまえばそれきりですが、アパート一棟運用なら家族親族の生活を助けてあげることが可能です。1人ならず2人3人と助けることも可能です。


Comments


bottom of page