top of page

「一人が寂しい」という目的だけで老人ホームに入ることも出来る。


子からの気配りが必要になってきた高齢者の中には、別に病気も衰えもなく日常生活の送れる人もいます。しかし一人で暮らすのが寂しく、子に頻繁に電話してきたり、おしゃべり相手として呼びつけたり、つまらない用事を頼んできたりする人も。

このような、介護を必要としない高齢者も、老人ホームに入ることは出来ます。



老人ホームは2種類ある。介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホーム。

老人ホームは、大きく分けて2種類があるのです。

「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」です。


介護付き有料老人ホームとは、名前の通り介護サービスの充実した老人ホームです。私たちが「老人ホーム」と聞いてイメージするのは、こちらの施設でしょう。

施設内にはいつも介護士やリハビリスタッフが走り回っていて、入居者たちは車椅子で・・・。介護サービスやレクリエーションが充実しているのは、あくまで「介護付き有料老人ホーム」なのです。


対して「住宅型有料老人ホーム」は、食事サービスと健康管理を主とする施設です。介護は最低限で、介護サービスが必要な入居者は自分で外部サービスを契約して利用します。

「見守りをしてもらいながら共同生活を送る場所」という性質が強いです。

「要介護になるのを未然に防ぎながら生活する場所」とも言えますね。



入居費用は月額15万円くらい。

住宅型有料老人ホームの入居費用は、月額15万円程度が目安です。

もちろんもっと高額なものもたくさんあり、30万円に達することもあります。しかし住宅型有料老人ホームは介護、看護などの人件費がほとんどかかりませんから、安価な施設が多い傾向です。

サービスが最低限でも豪華な設備の施設を望むなら当然高額になってしまいますが、「並の快適さで充分だ」というならば比較的安価に、そして安全に老後を過ごせる場所ですね。


少々の介護が必要になってきたら、外部サービスを上手く利用しましょう。介護がとても必要になってきたなら、介護付き有料老人ホームに移ったほうが費用としては安く上がりそうです。



要支援1の認定すらなくても入れる老人ホームは多い。

「老人ホームに入居したいが健康すぎると受け入れてもらえないのでは」と思っている人もいるでしょうか。

特養、グループホームなどは要介護認定がないと入れない場所もあります。

が、有料法人ホームに関しては、要支援1の認定すらなくても入居できる施設は多いです。入居対象者は施設によって個別に設定されているので、調べてみましょう。



家族と折り合いがつかない高齢者にも。

一人が寂しいというわけではないが、家族と仲が悪く家庭は居心地が悪い、そんな高齢者もいるでしょう。

そのような人にとっても、住宅型有料老人ホームは良い選択です。家族の代わりにスタッフが見守りをしてくれますが、比較的安価に暮らすことが出来ます。



3食の食事の世話が付き、おしゃべりしたり運動したりするお友達が大勢おり、もしもの際にもすぐに対応してくれる見守りスタッフもいる。

まだ介護の必要性の低い高齢者にとって、住宅型有料老人ホームはなかなか良い選択になりそうです。ご家族も安心ですね。

Comments


bottom of page